netgeek

9

美容室で髪の毛をチリチリにされた女子高生が涙の訴え

腹BLACK 2016年10月11日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

オシャレにパーマを当てようとしたらなぜか髪の毛がライターで炙ったかのようにチリチリになった。女子高生が投稿した悲痛な訴え。これは一体誰が悪かったのか。

今回ネット上で写真を公開したのは女子高生のひなちゃんだ。

▼確かに髪の毛がチリチリになっている。美容室に行った直後とは思えない…。

chirichirihair-4

▼引いて見ても髪はガサガサのボサボサ。

chirichirihair-2

▼担当の美容師に注文したのはこちらのパーマだった。比べてみると髪のカーブのかかり方が全く違う。

chirichirihair-1

▼髪にデジタルパーマを当てたというより、熱を加えて縮れさせたという感じ。ひなちゃんによると問題の美容師はこの一件について逆ギレしたとのこと。接客にも問題があったようだ。

chirichirihair-5

▼その後、友人とのやりとりでこうなった原因は1年半前に受けた縮毛矯正にあるということが分かった。

chirichirihair-3

美容師は注文を受けた時点で髪の毛を触れば、ひなちゃんが過去に縮毛矯正を当てたことが分かったはず。事前に確認すればよかったのに、経験不足からか最悪の出来栄えになってしまった。なお、様々な美容室の公式サイトや美容師のブログなどで調べると縮毛矯正をした髪にパーマをあてるのは決して不可能ではないが、個人差が激しく難易度が高いとのこと。

美容師はプロとしてきちんと髪の状態を確認したうえで出来上がりについて事前に説明すべきだった。これで高い料金をとるのだからひどい話だ。

改めて写真を見ると顔と洋服に涙がこぼれ落ちているのが分かる。

chirichirihair-2

ひなちゃんにとってパーマをあてるのは初めてのオシャレだったのだろう。思いもよらぬ結果になってしまって非常に残念。傷んだ髪は時間をかけて直すか切るしかない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (9)

  1. 美容師が新米だったのかな。美容師も技術職だからヤブがいるよ。腕のいい人見つけて指名して!

     
  2. 店は確認を徹底すべきだったのでしょうし、被害者とされる方も、この手の情報を知っておくべきでしたね。話はそれますが、契約物などでも、ろくに中身を確認しないで契約する事がよく見られる気がします。提供側の提示ミスを指摘する事は忘れないようにしたいですが、一旦自分が苦しむ位なら、先に危険性を知り、それを避けることも大事ですね。

     
  3. お洒落は自分のためにやってるんですけどね。男の感想なんてどうでもいい。
    チリチリになったら切るしかないよ。忘れた頃に伸びてる。

     
  4. この美容師、高校生だからって嘗めてるんだろうな

    よく雑誌やらクーポン系のサイトでパーマヘア画像として出てる写真は、大抵はパーマでなくコテで巻いてるだけらしい。縮毛矯正もヘアアイロンで伸ばして照明たいて撮影したらツヤツヤストレートの写真がとれるらしい。
    もちろん誠実な美容院の写真はそんなことしてないんだろうけど。

     
  5. この記事書いた人へ。。。

    美容師歴20年です。
    美容師の力量うんぬん言いますが、これは美容師へも取材した上での記事なのかな?
    この子が元々の地毛がどの程度のクセの悩みで縮毛矯正を掛けたかによるけど、高校生ってそんなにクセが強くなくても縮毛矯正のストレート感への憧れでかける人も少なくない。
    しかも矯正を一度だけしか掛けたことがないとなると場合によっては縮毛矯正を掛けた履歴をプロでも読めない場合がある。
    確かに美容師の落ち度もあるが、経験とか現場に出ていない人間が評価するべきではないと思うし、この記事の美容師への評価が被害者側の意見の一方通行を更に加速させたような内容なので、美容師への取材もちゃんとして批評するべきではと思います。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!