netgeek

4

茂木健一郎が「ノーベル賞で喜ぶなよ田舎臭えよ」からの「SEALDsにノーベル平和賞を!」で2コマ漫画を作成

腹BLACK 2016年10月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

いまいち何をやって儲けているのか分からない、モジャモジャ頭がトレードマークの茂木健一郎氏が矛盾した発言をしている。東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏(71)がノーベル医学・生理学賞を受賞した今、ここで茂木健一郎氏の発言を確認しておきたい。

これはもはや2コマ漫画だ。日本中が笑った一人コントをご覧あれ。

(1)日本人のノーベル賞受賞に水を差す発言をする茂木健一郎氏。なぜかイライラしていてすこぶる不機嫌。

mogikenichirou_nobel-2

(2)そして約2年後、急にSEALDsにノーベル賞を与えるべきだと言い始める。

mogikenichirou_nobel-3

これを矛盾と呼ばずして何と呼ぼうか。自分がノーベル賞を取ってから「こんなものに価値はない」などと言うのならカッコイイが、そもそも受賞候補にすら挙がらない茂木健一郎氏がへそを曲げて子どものようにケチをつけているだけにしかみえない。

イソップ寓話にはすっぱい葡萄という話がある。

sourgrape

自分が手に入れられなかったものに対し、その価値を低く見積もり直すことで心の平安を得ようとする人間の防衛本能だ。脳機能学者である茂木健一郎氏は自分自身の心理状況を正しく把握して自分がどんな事情から何を口をしているのかよく考えたほうがいい。

そうでないと今回のように状況に合わせて都合のいいことを吹聴して周囲からの信用を失うことになる。そもそも真摯に世の発展のために研究に取り組む研究者なら、同業者の成功を喜ぶべきであろう。

どうして茂木健一郎氏はSEALDsの肩を持つのだろう。

mogikenichirou_nobel-1

mogi_sealds1

何か自分と通じるところを見つけてシンパシーを感じたか。なお、その後のSEALDsはというと悪評が広まった結果、選挙の応援では「疫病神」と呼ばれ始め、最終的に解散に追い込まれた。何の実績も残せなかったのに、とてもではないがノーベル平和賞に値する団体だとは思えない。

▼SEALDsの集会に参加する茂木氏。1:27から発狂し始めて完全にヤバイ人に…。

今回の「ノーベル賞田舎臭い」発言については茂木健一郎氏も受賞候補であれば絶対に吐かなかったセリフだと思われる。ネット上では茂木氏の発言がこのタイミングで注目され、批判の声が一斉に高まっている現状だ。

すでに確たる矛盾の証拠を押さえられたこの状況において、茂木氏は反論することもままならない。恣意的な発言をした時点で詰んだ。まともな思考能力を失った茂木健一郎氏にはnetgeek編集部から脳減る賞を贈りたい。

続き→ボブ・ディランのノーベル賞受賞で茂木健一郎が傑作2コマ漫画を作成

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (4)

  1. シールズや茂木は矛盾のプロ
    お前らのような常人には到底真似できないだろうよ

     
  2. 3コマ目 ノーベル文学賞、ボブ・ディラン!!!!!! すごく画期的な選考!!!! ブラボー!!!!
    twitter.com/kenichiromogi/status/786522381074374657

    4コマ目 雨の中でも、ウェーイ!!!
    twitter.com/odasoul2015/status/772277831611084800

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!