netgeek

0

蓮舫「やっぱり台湾籍残ってました。すいませんでした~(笑)」

腹BLACK 2016年9月13日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

蓮舫氏は13日に記者会見を開き、台湾の公的な機関から「台湾(中華民国)籍が残っていた」という連絡が来たと発表した。これにより二重国籍状態であることが確定した。

これまで日本人のふりをしてきた蓮舫氏。疑惑はやはりクロだった。

renhou_double3

renhou_double2

父親がちゃんと手続きをしたので17歳の時点で台湾籍を放棄して日本人になったと言い切っていた蓮舫氏はその後、主張を二転三転させ、ついに「もしかしたら籍が残っているかもしれない」と不安な表情をみせ始めた。

そして台湾側に問い合わせたところ、やはり籍が残っていることが発覚。二重国籍のままで政治活動を続けていたことになる。すでに民進党代表選にも出馬しており、また旧民主党時代には台湾籍のままで閣僚として仕事をしていた蓮舫氏。きちんと正式な手続きをとっていなかったのだから、これではスパイ・工作員疑惑が浮上しても仕方あるまい。

▼事業仕分けは日本の足を引っ張るためにやっていた!?

renhou_double5

問題は蓮舫氏がうっかりしていたということではなく、故意に嘘をついていたことだ。

renhou_double

蓮舫氏は雑誌や新聞のインタビューで「自分は台湾籍」「華僑として頑張りたい」「在日の中国国籍です」などという発言を繰り返しており、少なくとも20代、30代は台湾籍を維持したまま生きているという認識があったことが確定している。それが政治家になってから急に「自分は生まれてからずっと日本人で台湾籍は17歳のときに捨てた」とアピールし始めた。

では父親がとった手続きとは何だったのか。

renhou_nijuu-2

蓮舫氏は今後、台湾籍を捨てる手続きを完了させ、「これまで通り日本人として日本のために政治を行うつもり」と話している。この発言にも矛盾が生じている点に注目。海外メディアには「華僑として活動したい」と語っていた。

▼これが謝る顔か?

renhou_double5-1

当初は30年も前のことなので適当な嘘で日本人のふりをすればすぐに炎上は収まると思っていたのだろうい。だが蓮舫氏については自己顕示欲が強く、メディアの取材でことあることに「私は華僑として…」と話していたため、それが思わぬ証拠となった。二重国籍問題の前にこんな嘘つきは政治家失格だ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!