netgeek

4

【炎上】自然派ママ「やけどは温めて治すのがケミカルフリーな新常識なんです♡」

腹BLACK 2016年9月11日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

アメーバブログで「ケミカルフリーな暮らしと子育て術」というブログを執筆している女性がとんでもないやけどの治療法を執筆して炎上している。

言うまでもなく、やけどしたときは冷やすことが最も重要。だが、ケミカルフリーな治療法は逆転の発想で治すのだという。

私は結構、火傷します。。おっちょこちょいなんで。 私、今日も、キッチンで、かなり熱めのお湯に「手の甲」をつっこみまして。。すぐに、ガスコンロの上に、手をかざしました。こんな風に。。

sizenhamama_yakedo

手の甲をあたためる感じで。今日は熱いフライパンにかざしましたが、ガスそのままでもいいと思います。 大火傷なら別だけど、ちょっとした火傷だったら、キッチンのガス等で患部をあぶるっていいですよ。。

熱い思いしたところに、適度に熱さを与えることによって、体の機能を活性化させる、スイッチを入れてあげるという考え方です。もし、ホメオパシーをやっていなくて、ご興味があられましたら、  ぜひ、お近くのホメオパスさんの講座に行かれてください。

http://ameblo.jp/chemifree/entry-12196979629.html

この誤った方法に看護師や医者などの医療関係者は怒りながら「絶対に温めたらダメ。すぐに冷やすことが大事」と力説する。医学理論に基づかないで迷信を信じてしまう母親は多く、肝心なときに犠牲になるのはその子供たちだ。

医療関係者は根拠のない民間療法で症状が悪化してしまった例を頻繁に目にするのでこのような迷信には強く怒りを感じるのだという。

▼ケミカルフリーな子育て方法を伝授してくれる岩澤一千乃さん。自称「子育てと暮らしマイスター」らしい…。

sizenhamama_yakedo1

ブログはこの他にも謎の意味不明理論が展開されており、たまたま検索で記事を見つけた人が鵜呑みにしてしまう恐れもある。そもそも水で冷やすことはケミカルとは関係ないのに、わざわざ正反対のことをするのはどうしてなのだろう。

やけどと言えば、こんなためになる体験談が話題になっていたので紹介したい。

yakedotiryou-1

yakedotiryou-2

yakedotiryou-3

yakedotiryou-4

画像出処:https://twitter.com/mitsuru_y/status/773960622614601728

きちんと医者の指示通りにした箇所は綺麗に治り、民間療法を試そうとしたところは失敗して痕が残ったという体験談だ。この話からも、やけどはとにかく冷やすことが大事という教訓が得られる。

それにもかかわらず、なぜか温めるという奇策をとってしまう岩澤一千乃さん。最も可哀想なのはまだ判断能力がないあまりに犠牲になってしまう子供だ。岩澤一千乃さんはまず真っ先に頭を冷やす必要がある。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (4)

  1. ホメオパシーの事ちょっと調べたんですが、これに基づいてやけどを温めるって事はこのマイスター(笑)は右手怪我したら左手も同じようにわざと怪我するんでしょうか
    それってただのバカですよね

     
  2. 火傷を温める件は分からないけど、湿潤療法のくだりは紹介してるやり方が間違ってるだけだからなー。
    皮がベロっとめくれてしまった後とかに良いのが湿潤療法。分かりやすく言えばジュクジュクした傷に良いのが湿潤療法。ジュクジュクしてない皮膚越しの環境を湿潤しても、そりゃー意味ないわ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!