netgeek

1

「オッドアイ」を持つ世界一美しい双子姉妹ネコがあまりに神々しい!

Gil Pender 2016年8月11日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

オッドアイとは、左右で色の違う瞳のことだ。ロシアで飼われている双子の姉妹ネコ、アイリスとアビスは、世界一美しいオッドアイのネコとして名を馳せている。

不思議な魅力を感じさせるオッドアイのネコ。真っ白な体と美しい瞳のコントラストは、実に神々しい。

cat_oddeye (6)

cat_oddeye (7)

cat_oddeye (8)

可愛いと同時に、高貴な雰囲気すら漂わせるこの双子姉妹ネコは、ロシアのサンクトペテルブルクで飼われている。飼い主さんのInstagramでは、彼女たちの美しい写真をたくさん見ることができる。

アイリスとアビスは、どんな角度から写真を撮っても絵になる。

▼丸い帽子をかぶせてもらった二匹。とても愛らしい。

cat_oddeye (9)

▼二匹はいつも一緒だ。

cat_oddeye (3)

▼花を見つめる二匹。瞳の色が違ったら、世界はどのように見えるのだろうか。

cat_oddeye (4)

▼瞳を閉じても魅力は変わらない。真っ白な体と毛並みが美しい。

cat_oddeye (2)

▼眠っている時も、二人は離れようとしない。

cat_oddeye (5)

なお、ネコのオッドアイは縁起が良いとされ、昔から珍重されてきた。

オッドアイを有する猫は、どのような毛色の個体にも存在するものの、白猫に特に多く、いわゆる純血種では、ターキッシュバン、ターキッシュアンゴラ、ジャパニーズボブテイルという3品種に現われやすい。(中略)

日本では「金目銀目(きんめぎんめ)」と呼ばれ、縁起の良いものとして珍重されてきた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A2%E3%82%A4_(%E3%83%8D%E3%82%B3)

ある種の異常ではあるのだが、このような歴史的経緯から忌避されることなくオッドアイのネコは各地で飼われている。アイリスとアビスの写真を見て、全国から「うちのネコもオッドアイだよ」との投稿が相次いだ。

cat_oddeye (13)

cat_oddeye (12)

cat_oddeye (15)

cat_oddeye (14)

cat_oddeye (17)

cat_oddeye (16)

ネコのオッドアイは白猫に多く、真っ白な体にカラフルな瞳の浮かぶ様子が魅惑的だ。両目の色が違うことから、「生と死」2つの世界を見ているとも言い伝えられるオッドアイ。あながち嘘ではないような気がしてくるのは、やはりその神秘性からだろうか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. オッドアイって聴覚障害持ってたりするからペットショップで見つけても買うのはよく考え手からの方が良い

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!