netgeek

1

NHK大河ドラマ「真田丸」でパンパースが映って「こりゃおしめえだ」「オーパーツならぬオーパンツだ」と話題に

腹BLACK 2016年8月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

現在放送中のNHK大河ドラマ「真田丸」でそこにあってはいけないものが映ってしまったと視聴者がざわついている。

真田丸はそのクオリティの高さから多くの人が放送を楽しみにしているドラマだ。

sanadamaru_omutsu (2)

公式HPも大変凝っており、制作陣の本気度が窺える。しかし、やはり現代において過去を設定するというのは難しいのだろう。思わぬミスが放送されてしまった。

その決定的瞬間を捉えたのがこちら!

sanadamaru_omutsu (1)

あなたは一瞬でおかしな事態に気づくことができただろうか?なんと左側にいる赤ちゃんが使い捨ての紙おむつを履いているのだ。これは大変な珍事…。視聴者は一気にどよめき、動揺する声がネット上に溢れかえった。

▼おむつは青い線が特徴のパンパース!すぐに特定に成功した。

sanadamaru_omutsu (1)

現在使われている使い捨ておむつはP&Gが1950年代から研究を開始し、1961年に製品化したものが原点となっている。その後、軽量化や通気性、高性能吸収剤の導入などでお母さんの負担はぐっと減った。

ちなみにこのようなハプニングは度々起こっているので過去の事例を紹介しておきたい。

▼電柱が映っているいるぞ!

sanadamaru_omutsu (2)

▼中国のドラマでは室外機が堂々と!

sanadamaru_omutsu8

▼こちらはわざと山本晋也がサングラスをかけて登場したシーン。暴れん坊将軍II62話での出来事。

sanadamaru_omutsu6

▼時代劇ではないが、人気ドラマ「半沢直樹」では最終回でカメラマンが映り込んでいるシーンが放送された。

sanadamaru_omutsu7

他にも、水戸黄門が「この宿はサービスがいいですね」と謎の外国語を使っていたりと矛盾が見つかることはよくある。なにはともあれ、P&Gとしてはよい宣伝になったのではないだろうか。戦国時代でも選ばれていたのはパンパースだった。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 未来のオムツとは逆にこの回の最初の方に出てくる、秀吉が明からもらった金印は「日本国王」じゃなく「漢委奴国王」とはるか昔の宝物になってるそうな

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!