netgeek

1

【速報】鳥越俊太郎の応援スタッフ、小学5年生の手紙を自作自演した疑い

腹BLACK 2016年7月30日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

鳥越俊太郎氏を応援する連合の代表的人物が小学生からの手紙を自作自演でつくったのではないかという疑義が持ち上がっている。

問題の投稿は7/29になされた。「不審な点が多い…」とすぐに炎上することになる。

torigoe_letter (1)

torigoe_letter (2)

手紙は小学5年生を名乗る子供が鳥越氏を応援し、また同時に安倍総理の政治姿勢を批判するもの。一度「安倍」と書いてから消して「アベ」と書き直すなど芸が細かい。この手紙には以下のような疑問点があると指摘された。

・子供がここまで難しい政治の話をするだろうか?

・小学生が安倍総理にここまで嫌悪感を抱いているのは親の教育がおかしい

・友達の子供の手紙を勝手に公開しているのは奇妙だ

・手紙なのに折り目がない

この投稿はすぐに「怪しい」「お前が書いたんだろ」「選挙戦略か」などと批判が殺到。投稿者はツイートを削除した。

▼その後の投稿者。やましいことがなければ削除しなければいいのに、なぜ消したのかは一切説明がない。

torigoe_letter (1)

百歩譲って本当に子供が書いたとしても安倍総理について「戦争をしようとしている」などと誤った知識を植え付けている親の洗脳教育のあり方には問題がある。小学生といえば、過去には慶應大学のTehuと青木大和が小学4年生になりすまして安倍総理に疑問を唱えるステマを展開したことで炎上したことがあった。

参考:【炎上】何者かが小学4年生のふりをしてアベノミクス解散に疑義を唱えるステマサイトを開設

政治の世界では往々にして、汚い大人たちが小学生の純粋無垢な心を利用しようと悪巧みをする。今回の鳥越俊太郎氏に向けられた手紙についても、小学生は犠牲になっているといえるだろう。

鳥越氏は初めての選挙で戦い方が下手なように感じる。SEALDsメンバーを取り込んでいるのも逆効果だと気づいていない。

▼SEALDsのメンバーでCDを出した牛田君。宇都宮健児氏が鳥越氏の応援に参加しなかったことを盛大にバッシングしている。


宇都宮健児氏は鳥越氏の週刊誌の報道に対する対応について「謝罪会見を開くべき」「きちんと説明すべき」と主張し、応援するのは謝罪会見を開くことを条件として提示したと言われている。その行為は決して間違ったものではなく、素晴らしい英断といえるだろう。

それをSEALDsのメンバーが批判すればそれこそ逆効果。有権者は誰が正しいことをしているのかしっかり見抜いている。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!