netgeek

0

【炎上】増田寛也氏、東京都知事選・告示日の前日に東京電力取締役を辞任!

Gil Pender 2016年7月15日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

舛添要一氏の辞任を受け、いよいよ告示された東京都知事選。久々の保守分裂選挙とも言われるなか、有力候補の増田寛也氏が告示日の前日にこっそり東京電力取締役を辞任していたことが判明し、批判を浴びている。

2014年の6月から東京電力の社外取締役を務めていた増田氏。しかし、都知事選告示日の前日になって、東京電力が急きょプレスリリースを出した。

masuda_toden (3)

masuda_toden (12)

まるでだまし討ちのような突然の発表だ。増田氏が東電の取締役を続けては、何か不都合があったのだろうか?ちなみに、知事と企業の取締役について、兼務を禁ずる法律はない。つまり、選挙に出るから、辞任しなければならないというわけではないのだ。実際、増田氏は、野村総研の顧問や東大大学院の客員教授は続けている。

増田氏の公式HPプロフィールより。

masuda_toden (4)

東京電力取締役を退任したことは明記してあるのに、それ以外の役職を辞した形跡はない。これでは原発関連の議論において、標的にならないよう慌てて退任したと取られても仕方ない。

この増田氏の行動については多くの批判コメントが集まった。

masuda_toden (2)

▼早速、エネルギー政策についての矛盾をつかれた増田氏。

masuda_toden (5)

▼痛烈な皮肉も。舛添前都知事にコリゴリの都民は、もう騙されない。

masuda_toden (6)

▼岩手県知事時代に、出張でファーストクラスを利用していたことも発覚している。

masuda_toden (7)

二枚舌ともいうべき行動となってしまった増田氏。腹の中では何を考えているのか、よからぬ憶測を呼ぶことにもなってしまっている。

増田氏の政治姿勢に、偏りを指摘する声も。

▼増田氏の見据える先が、本当に都民であるのか不安になってしまう。

masuda_toden (8)

▼増田氏は「外国人地方参政権を認めるべき」と、岩手県知事時代に議会で発言している。

masuda_toden (10)

▼日韓グリッド接続構想を進めてきた張本人でもある。

masuda_toden (9)

経済人や学者らで構成する日本創成会議(座長:増田寛也・東大大学院客員教授、元総務相)は、長年孤立してきた日本の電力網(グリッド)を外国と相互接続し、国境を越えて電力を融通しあう仕組みを提唱。手始めに、韓国との間で双方のグリッドをつなぐ海底ケーブルを敷設する計画だ。

日本経済新聞(電子版)2011年12月29日―始動する日韓グリッド接続構想 アジア電力網の試金石

後出しジャンケンが有利と言われ、告示日直前に立候補表明が相次いだ今回の都知事選。野党統一候補となった鳥越俊太郎氏の「公約はこれから考える」という呆れた発言など、政策の練られていない候補も目立つ。4年間で3回も知事が交代するという異常事態のなか、都民の方々にはぜひ冷静な視点で投票をおこなっていただきたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!