netgeek

1

【都知事選】渡邉美樹が「私のようなトップリーダーが求められている」とは言っていないと抗議

腹BLACK 2016年6月18日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ワタミグループ創業者で参議院議員である渡邉美樹氏がJ-castニュースの報道記事に対して事実無根の記載がなされていると抗議している。

発端となったのは舛添都知事の辞職を受けて渡邉美樹氏がFacebookに投稿した文章。

投稿では、「自分ならば税金を無駄遣いすることはなく、今はオリンピックに向けて私欲のない人が求められている。2011年に出版した書籍「東京を経営する」には西郷隆盛の言葉を引用した。求められているのはこうしたトップリーダーだ」と綴っている。これを記事にしたのがJ-castニュース。

渡邉美樹氏が都知事選出馬に意欲を示したと報じた。だが、タイトルが少しおかしい。

watanabemiki_tochiji

確かに元の投稿では自分のようなお金を無駄遣いしないタイプのリーダーが求められていると読み取ることもできるが、まさかそこまで自画自賛するというのは不自然で、「こうしたトップリーダー」というのは直前の西郷隆盛のことを指していると捉えるほうが自然だ。渡邉美樹氏が嫌いな記者がバイアスに惑わされてしまったか、それとも故意のアクセス稼ぎか…。

とにかく本人が発言していない内容をカギ括弧でくくってタイトルにするというのは問題がある。アンチ渡邉美樹の読者はそれで喜ぶとしてもメディア媒体としてはきちんと訂正すべきであろう。

渡邉美樹氏は当然これに抗議。

▼その後、J-castニュースのタイトルは手品のようにすり替わった。

watanabemiki_tochiji

「私のような」が「私欲のない」に早変わり。意味こそ違えど、ぱっと見は似ている修正なのが特徴的だ。…と、この流れならばメディアのほうが叩かれるのが常なのだが、今回ばかりは渡邉美樹氏が周囲から叩かれていた。過去にやったことが強烈すぎてこれぐらいでは罰が足りないという理由だ。

都知事の適任性という観点から見れば、「違法ではないが不適切」なギリギリの線を攻めた舛添要一氏とは違い、渡邉美樹氏は明らかに超えてはならない一線を超えており、被害者も多数いる。周囲からバッシングされるのも無理はない。

それにしてもこれだけ攻撃されても折れないメンタルを持つ渡邉美樹氏には感心するばかり。

watanabemiki_tochiji3

都知事選に出ればもっと叩かれるだろうに、上昇志向が異常に強く、人心掌握術を活かして周囲の人を利用して成り上がる。部下が稼いだお金はろくに還元せずに自分の懐に。その様はトップリーダーというよりも、社畜のトップブリーダーだといったところか。

あわせて読みたい→その飲食店、隠れワタミだよ。知らないのか?

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!