netgeek

1

「今どこにいるの?」「今?今だよ」説明しづらい地名

cocodepink 2016年6月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

日本には変わった名前の土地がたくさんある。滋賀県には「今」という地名があるらしく「紛らわしい!」と現在Twitterで話題になっている。

誰かと電話していて「今どこにいるの?」と聞かれたときに説明しづらくて困る…。

スクリーンショット 2016-06-02 午後11.29.11

▼これはややこしい!

timei_ima1

▼こちらは滋賀県にある「途中」という地名。

timei_ima2

▼「ちめい」ではなく「じな」。

timei_ima4

▼「今どこにいるの?」「月。」いきなり宇宙規模に。

timei_ima5

▼帰り道に餃子が食べたくなりそうだ。

timei_ima7

▼佐賀県にある「姉」という地名。

timei_ima8

▼「姉」があれば「妹」もある。

timei_ima9

▼「女神」どんな人が住んでいるのだろうか。

timei_ima10

▼「奥にいるよ!」「え?」「奥」「どこの!?」「いや、奥…」

rare_chimei (2)

▼分れ道。語源はその通りなのだろう。

rare_chimei (3)

▼こちらもまた説明して理解してもらうのが難しそう。「え?」「え」「え?」「え」

rare_chimei (1)

日本各地には意外と紛らわしい地名がたくさんあるようだ。滋賀に住んでいる人に電話して「今どこにいるの?」と聞いて「今」や「途中」と返ってきても相手はからかっているわけではないので、どうか怒らないであげてほしい。

合わせて読みたい→インパクトが強すぎる日本の12の珍駅名をまとめてみた

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!