netgeek

0

3Dプリンターで月面に村を建設する「ムーンビレッジ計画」が進行中!

cocodepink 2016年3月30日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

欧州宇宙機構(ESA)が、2030年までに、3Dプリンターを使って月面に「ムーンビレッジ」と呼ばれる村を建設することを計画している。今回の計画にはESAの他に米国・ロシア・中国・インド・日本が参加する予定。

参考:Europe wants to build a VILLAGE on the moon: Esa space boss describes plans for a ‘crazy’ lunar settlement

今回の計画では、月にあるアイス・メタル・ミネラルなどを材料にして3Dプリンターでパーツを作成し、ロボットが組み立てる。これにより地球から資材を運ぶ必要がなくなるというわけだ。現時点で、2024年まで運用を継続する予定のISS国際宇宙ステーションの次に変わる拠点として検討される。

▼3Dプリンターで作成されるムーンビレッジの完成イメージ。

moon_village

▼居住用の家・教会・市役所などが建設される予定。

moon_village2

▼日光が当たり続ける南極付近に建設される予定。

moon_village4

▼資材は3Dプリンターで作られる。

moon_village6

▼3Dプリンターで作られた1.5トンの建築用ブロック。

moon_village3

計画ではまず月にローバーを送り込んでドーム型の建物を膨らませ、その中に建物を建設する。月面には水分が存在することが確認されており、空気を作り出すことができる。調査研究だけでなくビジネスや観光など幅広い分野での活用が見込まれている。まるで映画の中の世界のようだが、宇宙飛行士ではない月の住人が月面から地球を眺めるのも近いかもしれない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする










▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


▼netgeekカテゴリー別facebookページ

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!