netgeek

6

【炎上】SMAP解散についてコメントした作家が「新聞に発言を捏造された」と怒りの告発

腹BLACK 2016年1月15日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

SF作家の梶尾真治氏が新聞記者から取材を受けた後、発言コメントを捏造されて新聞に掲載されたとネット上で告発した。偏向メディアの真実を伝えない報道のあり方は波紋を呼びそうだ。

順を追って説明しよう。1/13、梶尾真治氏は取材の依頼があったとツイートしていた。全てはここから始まる。

SMAP_kajio (2)

梶尾真治氏が1999年に発表した長編小説「黄泉がえり」は2003年に草彅剛主演で映画化された。記者はその縁でコメントを依頼したということなのだろう。しかし、当の本人は「なに間違ったのか」「よりによって何故に私に」と書いているように、意見を述べる立場ではないと捉えていたようだ。その後、楽観的な捉え方でいるとフランクに返し、正直な心中を吐露した。

しかし、翌日の1/14、新聞に載っていたのは信じられないような文章だった。なんだこれは…!!!

SMAP_kajio (3)

SMAP_kajio (1)

SMAP解散について全く言及していないことが書かれているではないか。前向きでひどくポジティブなコメントは取材した記者の作文か。真実を伝えるべきメディアが、まるで情報統制のようなことをしている実態が明らかになり、何か恐ろしいものをみてしまったような気分がした。

その後、この怒りの告発ツイートはTwitter上で大拡散され、大騒ぎになった。梶尾真治氏の娘さんの目にもとまったようだ、

SMAP_kajio (1)

だが、梶尾真治氏は毅然とした態度で自分は何も間違ったことはしていないと堂々としている。新聞記者が想像で仕事をし、作家のほうが現実と戦うとは、もはや立場が逆ではないか。周囲からは「立川談志が『新聞で正しいのは日付だけ』と言っていた」「名義貸しのアリバイ作りですね」などというヤジも飛んだ。

この捏造をやらかした新聞がどこなのか詳細は不明。もしご存知の方がいればコメント欄に書き込むかnetgeek編集部の問い合わせ先まで連絡してほしい。

さて気にかかるのはどうしてこのような事態が起きたのかということだ。SMAP解散については各メディアが大々的に取り上げる一方で、ジャニーズ事務所を敵に回さないように伝え方には細心の注意を払う必要があるとも言われている。

SMAP_kaisan

何かジャニーズ事務所側から圧力があって差し障りのない文章に変えられたか、それとも記者が普段から適当に仕事をしているということなのだろうか。いずれにせよ、新聞というメディアが真実を報じない信用足らないものであることは十分に分かった。

2015年、国境なき記者団が発表した「世界の報道自由度ランキング」で日本は61位という不甲斐ない結果になり、ジャーナリズムについては韓国(60位)よりも劣っているということが明らかになった。報道の一翼を担う新聞記者は適当に翻訳しても飯が食える戸田奈津子ではないのだからしっかりと正確な取材と執筆をしてほしいものだ。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. 例えスマップに対して悪意ある発言をしたとしても
    それごときで作家さんの作家生命が絶たれるなんてことを
    心配しないといけない今の日本、あまりにくだらなくて、気持ち悪いですね。

    脱退したタレントを干す権力はあっても(それ自体も解せませんが)
    ジャニーズ事務所にそんな権力があることの方がも違っている。
    たかが芸能事務所。過去のいろんな事実から、
    ○○事務所だってことは
    フォーリーブス、郷ひろみ時代のファンなら当然の事実。

    彼らが解散しようが、しまいが、ちゃんと生活は出来ます。
    そんなことより、もっと大切な己の現実に目を向けるべきだと思います。

    そして最近のマスコミは活字にしろ、TVのワイドショーにしろ
    ほぼ想像と嘘でしか成り立っていません。
    朝日新聞でさえあんな体たらくですから
    ましてやスポ新の芸能ページやくだらない週刊誌の嘘を
    鵜呑みにする人間が少しでも減ってほしいです。

     
  2. >適当に翻訳しても飯が食える戸田奈津子
    このくだりは記事本編にまったく関係ないうえに意味を違えている。
    また不特定多数が見る文章において、数多の翻訳の実績を持ち、
    現在も依頼を受け現役で業務をこなしている戸田さんを小馬鹿にするような表現を
    用いるという事は、当然戸田さん及び仕事を依頼している方々に対して記した内容の
    責任をとるという事ですよね?
    「違う」というのであれば、文章内で表現している「偏向メディアの真実を伝えない報道」と
    同じではないのですか?
    貴方の英語力がどのくらいのものでそのような判断を下しているのは知りませんが、
    「戸田奈津子の翻訳はいい加減なんだ」と信じる方がるかもしれないではないですか。
    まさかネットの記事をそのまま信じて記事の一部としているわけではありませなよね。
    この記事に関しては、必要各方面にアドレスを送信しておきます。
    それを信じる信じないは別にかまいません。
    貴方が意見を真摯に受け止める方は、某掲示板の住人のような
    「やってみろよ」系の方かは知りませんが、事の顛末も記事にして記事にしてくださる事を
    期待しております。
    不特定多数の閲覧の前に表現するとはそういう事です。
    長文になってしまいましたが、どれほど本気で思っているかの一部でも
    伝わっているのであれば何よりです。

     
  3. netgeek.biz/contact 2016年1月15日 at 3:32 PM

    > 「世界の報道自由度ランキング」で日本は61位という不甲斐ない結果になり、ジャーナリズムについては韓国(60位)よりも劣っている

    朝日新聞とnetgeekが消えるだけで少なくとも59位以上を確保出来ると思う。

     
  4. 取材はするけど意味を変える新聞社と
    取材せず詳細は不明って簡単に書けちゃうネットメディア。
    この中間の媒体欲しいなあ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!