netgeek

3

ハーバード大卒の社会学者「SEALDsが騒ぐのは逆効果でむしろ安倍政権の支持率が上がる」

Gil Pender 2015年11月17日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ハーバード大卒の社会学者、モーリー・ロバートソン氏が学生団体「SEALDs」の活動と安倍政権の支持率に関して面白い見解を示している。彼によると、SEALDsの活動が盛んになるほど安倍政権の支持率が上昇するパラドックスが起こっているそうだ。

こちらはモーリー氏が10/20に投稿したSEALDsに関する投稿。彼は今日本で起きていることは学術論文を書けるほどの現象だと主張した。

1116sealds_abe01

このツイートが投稿された日は、朝日新聞が「安倍内閣の支持率が41%に上昇」という世論調査の結果を発表していた。その発表を受けての投稿だったのだろう。確かに、安保法案可決後もSEALDsが積極的に安保反対、政権批判の活動を行っていたことを考えると、実際にモーリー氏が主張するようなパラドックスが起きているといえる。ちなみに、朝日新聞以外の報道各社が公表している世論調査でも軒並み、内閣支持率は45〜50%前後に上昇している。

このパラドックスが起きた理由についてモーリー氏はこのように分析している。「SEALDsはカルト集団化して支持を得られなくなった」

1116sealds_abe5

安保法案の審議について国会で紛糾していた頃、SEALDsの活動はより活発になり、世間で注目を浴びるようになったが、その頃はまだ内閣支持率は下落していた。ところが、点字ブロックを塞いだハンガーストライキ、無許可デモ疑惑など、様々な不祥事が相次ぎ、SEALDsの活動には批判が集まるようになった。

▼こちらはSEALDsのデモ活動の様子。このようなデモが日本各地で行われた。

1116sealds_abe4

さらに、若者が群がって「安倍はやめろ」「戦争をしたくなくてふるえる」などと連呼するデモに、一部からは「騒がしいだけ」「知的な人がいない」などと揶揄されていた。こういったデモのことをモーリー氏は「カルト化したバカの集まり」と言っているのだろう。

安倍政権の支持率が上昇していることから分かるように、日本のリベラル派はすでに国民から見放され始めている。

sealds_okuda_nyuin3

最終的には、野党が与党の政策を正すという役割すらまっとうできなくなるのではなかろうか。このまま日本のリベラルは廃れてしまうのか、それとも、「知的な集団」として復活するのか、注目したいところだ。

【追記、13:27】

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. モーリー・ロバートソンはたしかにハーバード卒の秀才だが、職業は社会学者じゃなくDJだ。

     
  2. というか、親がそういうのだから子供もそうなってるケースも多そう。
    リーダーからして親があんなのだし。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!