netgeek

0

実はYouTubeには超使える「隠し操作ボタン」があった!Kで一時停止、Mでミュート、Fでフルスクリーンなど…

Gil Pender 2015年10月17日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

「GradeAUnderA」という海外のYouTuberがYouTubeの隠しコマンドについて動画を投稿したところ100万回近く再生され大きな話題になった。内容を日本語に訳して紹介したい。

(1)キーボードの「K」は再生・停止ボタン。

1014youtube4

動画プレーヤーはスペースキーに再生・停止を割り当てることが多いが、YouTubeでスペースキーを押すと、ページが下にスクロールするだけだ。その代わりに使えるのがキーボードの「K」だ。

(2)「K」の両サイドの「J」と「L」は10秒の巻き戻し・先送り。

1014youtube3

「J」ボタンが10秒前、「L」ボタンが10秒後に動画を飛ばすボタンになっている。ちなみに、「←」と「→」はそれぞれ5秒前、5秒後に飛ばすボタンになっている。

(3)その他の細かい機能。「M」はミュート、「F」はフルスクリーン、「0」〜「9」は再生位置の指定など。

1014youtube5

「M」はミュート(消音)、「F」はフルスクリーン(全画面表示)と分かりやすく頭文字になっている。そして、数字のキーは動画の尺を10分割して、番号に対応した位置に動画を飛ばす機能となっている。例えば「0」なら0/10の位置(動画の最初)、「1」なら1/10の位置という具合だ。上のキャプチャーは「M」と「9」を押した時の画像。

(4)最後に「G」をダブルクリックすると何かが起こる!?

1014youtube1

動画の投稿者のGradeAUnderAはそう言っていたのだが、netgeek編集部が試したところ何も起きなかった…。こちらは出来る人と出来ない人がいるようだ。ネット上の噂ではゲームが始まるとか始まらないとか。

動画(英語)はこちらから視聴可能。

https://youtu.be/UMoqUmTN6EA

以上、いつか役に立つかもしれないYouTubeの豆知識だ。特に一時停止・再生のKはよく使いそう。この機会に是非マスターしてもらいたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!