netgeek

3

【炎上】グッドデザイン審査委員長の深澤直人、2013年もセルフ受賞でグッドデザイン金賞をGET

腹BLACK 2015年9月24日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

多摩美術大学で学科長・教授を務め、同時にグッドデザイン賞の審査委員長も兼任するデザイナーの深澤直人氏が、前回発覚した2014年のセルフ受賞に続いて2013年もグッドデザイン賞を受賞していたことが分かった。

前回の記事:【炎上】グッドデザイン賞・審査委員長の深澤直人(多摩美)、自分で応募して自分で受賞した疑い

まず前提を確認。2013年の審査委員長は深澤直人氏だった。グッドデザイン賞を決める最高責任者としてトップに立っている。

fukazawa_selfprize

さすがは数々の名作を生み出した深澤直人氏とあってこの人選に異論はない。しかし、深澤直人氏に落ち度があったのはコンプライアンスや倫理観、利益相反という観点を考慮しきれていなかった点だ。

ここから驚きの真実が明らかになる。こちらの椅子、「HIROSHIMA」は金賞を受賞した作品だ。

fukazawa_selfprize1

fukazawa_selfprize3

fukazawa_selfprize4

株式会社マルニ木工が発売する椅子で、丸みを帯びた美しいデザインであるうえに折りたたみなので使い勝手がよさそう。シンプルな中に無駄のない使いやすさが窺えるデザインだ。

だが、この椅子をデザインした人物を調べると、なんと有限会社フカサワデザイン、つまり深澤直人氏ではないか!審査委員長が受賞してどうするんだ!!!

fukazawa_selfprize2

グッドデザインの公式HPによると担当審査委員は、五十嵐久枝(ユニット長)、橋田規子、 服部滋樹、吉田龍太郎の4名で深澤直人氏は直接の審査には関わっていないという。ただ、実質的に上の立場で権限を握る「上司」ともいえる人物の作品を落選させるのは相当難しい。社会人であれば容易に想像できるだろう。

しかも、前回報じた2014年の受賞もマルニ木工(深澤直人デザイン)だったことから両者には癒着が疑われる。

fukasawa-2

これでは審査委員長という立場を利用して不正なビジネスに手を染めていたのではないかと不審に思われても何ら不思議ではない。佐野研二郎氏の五輪エンブレム騒動のときは、「日本のデザイン業界は実力よりもコネのほうが大事になる」と関係者が密やかにぼやいていた。

またグッドデザイン賞については「単なる金儲けのために作られた賞」「金で買える」「モンドセレクションと同じ」「信用してはいけない」という指摘が多くなされている。

fukazawa_selfprize6

今一度賞の権威を取り戻すためには、審査を健全な状態に戻し規律を引き締める必要があるのではないだろうか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. ちゃんと調べて記事にして!
    金賞ってのは普通の受賞じゃなくて,この場合は「大賞候補」くずれの金賞。
    で,この年の大賞候補は審査委員長と副委員長の2人だけで選出だから。

     
  2. 大賞候補のセルフ選定(しかも2年連続)については,前の記事のコメントに詳しく書いてます。

     
  3. Facebookで拡散されていたので、怪しいと思って見に来たよ。
    やっぱり、ネットギークはまたやらかしてるんだね。
    大体ちょっと調べりゃー分かるような、そんな杜撰な審査するかね?
    ↑今から前の記事のコメント欄読みに行きます。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!