netgeek

6

【炎上】佐野研二郎、メガネ情報サイトがアップしたZoffの眼鏡写真をクレジットを消して無断使用 管理人は「連絡来ておりません」

腹BLACK 2015年9月1日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

佐野研二郎氏が手がけた多摩美術大学の広告に、メガネ情報サイト「GLAFAS」の管理人が撮影したZoffの眼鏡画像を無断で使用したものがあることが分かった。

広告「MADE BY HANDS.」シリーズは佐野研二郎氏が代表を務めるMR_Design名義で担当した仕事だ。

sanoken_tamabi

広告はいくつか種類があり、海外の賞を総なめにしたことで有名。しかし、そのうちの1つについてはすでに報じた通り、問題のある画像利用が見つかった。

参考:【激震】佐野研二郎の国際賞受賞作品にパクリが見つかった

そして今回新たに見つかったのがZoffのメガネの画像の無断利用だ。

▼「TAMABI」の文字に眼鏡を重ねたこちらの広告、実は…

tamabi_sanoken

▼メガネ総合情報サイトGLAFASにアップされた写真だった。

tamabi_sanoken1

しかも、もともとはメガネの内側にZoffの文字が入っているのに、佐野研二郎氏の広告のほうでは綺麗さっぱり消されている。さすがはPhotoshop使いといったところか。

この事態を受けてGLAFASの管理人は「画像は管理人の私物を撮影したもので、佐野研二郎サイドから使用許可を求める連絡は一切来ていない」と記事を投稿した。

GLAFAS(グラファス)に掲載されている写真が使われている」という情報を、8月31日(月)に匿名希望の方からいただきました。

この写真は、GLAFAS(グラファス)を運営するさくらヒロシが、私物を撮影し掲載したものです。情報を提供いただいた方から、「これは商用許可でているのでしょうか?」とご質問いただきましたが、現在までに多摩美術大学および佐野研二郎氏、デザイナー香取有美氏からの連絡は来ておりません。

GLAFAS(グラファス)のものと思われる写真が使用されたことにより、「ネットで拾った写真を使ってコラージュする」という安易な手法が、デザイン・広告の世界に存在することを身をもって知りました。また、佐野研二郎氏がデザインした2020年東京オリンピックのエンブレムが、ベルギーのリエージュ劇場のロゴに似ているとされる問題についても、深く考えさせられました。

多摩美術大学のホームページによりますと、「MADE BY HANDS.」シリーズは、「ニューヨークADC金賞」「ロンドンD&AD金賞/イエローペンシル」「ONE SHOW DESIGN金賞」「カンヌライオンズ金賞」を受賞しているとのことです。

http://www.glafas.com/news/info/150831sanokenjiro_tamaartuniv_ad.html

管理人の文面からは静かなる怒りを感じる。こうして無断使用であることは確定した。この作品については海外の名誉ある賞を受賞しているため、オリンピックのエンブレム問題に加えてさらなる国際問題に発展する恐れもある。

博報堂出身で佐藤可士和に弟子入りし、「若手界のトップ」と評された佐野研二郎氏。大事な仕事でどうしてこうも適当なことをしてしまうのか。

sanokenjirou_pinterest

一部では奥さんが渋谷の30億円のビルを目の前にして「ちょっと高いな~。うちなんてせいぜい年収5億だから」と聞きもしないのにつぶやいていたという話も聞かれる。オフィスも広く、十分儲かっているようなのでせめて今回のメガネに限らず、フランスパン、羽田空港の写真くらいは経費で買ってはどうか。

続き→佐野研二郎(MR_Design)の広報担当者が画像の無断使用疑惑について「自社で撮影した」と主張→GIFで検証した結果、完全に一致しているのだが…

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. 夕方のニュース速報で、ようやく取り下げたとの報道を見ました。
    遅かったなぁ・・・
    次は「今回の関係者以外」でコンテストして欲しいと思うのは当方だけでしょうか・・・?

     
  2. 30数年間、グラフィックデザイナー/アートディレクターを生業として生きている者です。佐野氏の一連の事件を見聞きしていているうちに、もう黙っていられない気持ちになり、コメントをさせていただきます。
    エンブレムの選考プロセスに於いても非常に疑問を感じますが、ここではデザイナーとしての佐野氏の「倫理観」についてコメントさせていただきます。
    五輪エンブレムを含め、多くの「酷似作品」に関しては、本人が「私は模倣していない」と言い続けることは可能でしょうし、それ以上の真相を追求することは難しいかもしれません。ですからここでは佐野氏本人が「盗用」を認めた、トートバッグと、エンブレム展示例の写真について考えます。
    私たちデザイナーの観点から見て、トートバッグの「BEACH」とフランスパン、エンブレム展示例の空港、渋谷の街並み、音楽イベントの聴衆などの「素材」をプロフェッショナルが仕事の中で無断使用するということは、いかなる途中プロセスであっても、完全な「犯罪行為」です。原作者にバレなければいい、クレームがなけければ使い続けていい、というものではありません。使った時点で「犯罪」です。人の物を勝手に盗むという意味で「窃盗」「万引き」とまったく同じです。佐野氏はここを、ちゃんと認識しているのでしょうか? 非常に疑問です。
    デザインという専門的な世界だから、その行為をあたかも「業界ではよくあることなのか」と捉えるのは大きな間違いであり、佐野氏以外の、多くの真面目なデザイナーたちにとって、非常に失礼で、大変迷惑なことです。
    佐野氏の場合、彼の立場であれば、その行為が犯罪であるということは十分承知していただろうし、またエンブレム展示例の空港写真に、もともとあったコピーライト(著作権)表示をカットするなど、決して偶発的事故ではない、計画的な悪質さがあることは明白です。
    また同業者として、その盗用手法に関して言えば、あまりに手口が幼稚で、非常に低次元です。さらに言えば、佐野氏の作品には一貫した「佐野カラー」や「彼らしい個性」を私は感じられないのですが、悲しいことに、その盗用に関する手口には、共通した手法/個性が見えてくるのです。
    これは私の意見ですが、佐野氏はアートディレクター、グラフィックデザイナーである以前に、人間として、社会人として、卑劣です。こんな人物を日本を代表するクリエイターに祭り上げてしまった日本の社会構造にとても憂いを感じています。がしかし、ピンチはチャンスという言葉があります。この機会にウミを出し切り、本当の意味で民主的な、クリーンな、そして日本人として誇りを持てるような、2020年の東京オリンピックを期待したいと思います。

     
  3. めがねがどうしたよ

    ばかばかしくてみてらんねーって

    この人何も悪くねーだろ

    冷静になれって

     
  4. ↑ネット上にあるイラストや写真を、作者に無断で転用することは著作権法違反です。
    もちろん許可を得るか、使用料を支払うなどの手続きを行えば合法ですが。
    上記、佐野氏の場合は無許可であり、仕事として商用利用しているわけで、
    法律上、おおいに問題があります。
    クリエイターとして著名な人だけに、ルール違反に対して厳しい目で見られて当然でしょう。
    クライアントである多摩美術大学に対しても、大きな損害を与える行為なのでは?

     
  5. この眼鏡、佐野のスタッフのモノを撮影してのであって、そのサイトの写真は使ってないと大本営発表が出ました!www
    「火に油を注ぐ」とはこのことかと。

    だけど、写真がぴったり重なることをどう説明するんだろう?
    別に撮影した場合、角度なんかがぴったり一致なんて狙っても出来ないのに。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!