netgeek

12

松尾貴史が暴露「佐野研二郎と対談したときに『今はデザインの技術よりも組み合わせる力が大事』と語っていた」

腹BLACK 2015年9月1日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

タレント、ナレーター、俳優と幅広く活動する松尾貴史氏が、度重なる不祥事で炎上中のデザイナー佐野研二郎氏について、対談した際に気になる発言をしていたと明かした。

グラフィックソフトのイベントで佐野研二郎氏と対談することになった松尾貴史氏。佐野研二郎氏の初対面の印象は「オシャレでやり手なデザイン界の寵児」というものだった。

sanokenjirou_matuotakasi

松尾貴史氏は学生時代にグラフィックデザインを専攻していたことがあり、デザイナーはきめ細やかで丁寧な仕事をすることが大切という思想をもっていた。しかし、佐野研二郎氏からは全く違う見解の意見が飛び出す。「今はそういう技よりも何と何を組み合わせるかだ」。

松尾貴史氏は今になって思えば、そういうことだったのかと悪意ある解釈もできると考察する。

sanokenjiro_silent

過去の作品を洗ったところ、佐野研二郎氏の仕事のやり方は、すでに世にあるものをばれないように模倣する手法ということが明らかになった。もっとも、ネット社会の現代では一度ターゲットにされてしまうと集合知で即座に不正が明らかになり、一瞬にして信用を失うことになる。権利者が気づいたときは訴訟リスクも生じるので、決して賢いやり方とは言えまい。

また、佐野研二郎氏が「乗っ取られた」と説明しているTwitterアカウントについて、netgeek編集部では過去のツイートを発掘する試みを行った。その結果、佐野研二郎氏のデザインを軽視するような驚くべき発言が見つかった。

sanokenjirou_say

※この魚拓はwaybackmachineでみることができる。2014年10月7日になんと「これからはアートディレクターじゃなくてデザインコメディアンと呼んでください!」とツイートしていたのだ。自らの仕事に誇りを持つプロならば冗談でもこのようなことは言うはずがない。

全ての不正は、佐野研二郎氏のデザインに対する舐めた考え方が原因となって生まれたのではないだろうか。

sanokenjirou_pan21

そして惜しむらくは佐野研二郎氏が真似してくつくった作品たちが総じて劣化版となっていることだ。元は素晴らしく優雅なデザインでも、佐野研二郎氏が少し手を加えただけで途端にちんけなものになってしまう。特にヤン・チヒョルト氏の展覧会デザインから五輪エンブレム原案をつくったときはひどかった。

▼DNP銀座ビルggg(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)で開催されたヤン・チヒョルトの展覧会。「Jan Tschichold」の頭文字をとってJ・Tと掲げた。目を見張るほど美しいデザインだ。

sanogenan_pakuri (5)

▼佐野研二郎氏がコンペに応募したエンブレム原案。同じ形なのにここまで劣化するものかと驚いてしまう。

sanoken_T

この模倣については佐野研二郎氏自身が展覧会に行っていたという証拠も残っているので「部下がやった」などとは言い訳できまい。この件について詳しくは「【炎上】佐野研二郎エンブレム原案はヤン・チヒョルト展からパクったことが判明!同時に佐野研二郎が展覧会に行っていた証拠も見つかった!」を参照あれ。

これからは記事を書く際に「デザインコメディアンの佐野研二郎氏」と新しい肩書で紹介しようか。netgeekからパクリンピック金メダルを贈りたい。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (12)

  1. いやいや、コラージュやトレースってのはグラフィックデザインにおいては立派な表現手法の一つであり、それ自体はなにも問題ない

    問題は「盗用」「盗作」だということ

    コピペ切り貼りだからダメ、他人の作品丸写しだからダメなんじゃない
    それが「フリー素材」=権利関係をクリアしているなら全く問題ないんだよ
    フリー素材だったり自分が取った写真をコラージュしたりトレースしたりするのは何の問題もないし、れっきとした創作活動
    「他人の著作物」を「無断で、勝手に、許可無く使用」=盗用したことが問題
    そして、佐野のパクリ問題はトレパクに限らず、デザインに対する考え方、アイデア、コンセプトまでパクってるわけだから、コラージュやトレースとは本質的に全く関係ないということが分かる

    なんだか佐野のパクリの本質が何なのか分からずに、目に見えて分かりやすいコピペだけが槍玉に上げられてコラージュ、トレースを使うデザイナーは低俗みたいな論調に行きそうで嫌だなぁ
    それこそデザイン業界の終焉なんじゃないかと思う、ただの一般人の意見だけど

     
  2. 更に、内部用資料だからといっても(でも身内ではなく正式な会議用資料)に使用した数々の写真は、著作者に使用許可を確認するのが当然と思えます。
    この辺の認識のなさが彼の事務所には蔓延しているのかもしれません。

     
  3. あーあれか、一発ギャグは短すぎて著作権がつかない。デザインも小さすぎて著作権があまり効力ないんだな。ちゃんと対応すればセーフだったかもしれないのに。みんなダンマリ決め込むから余計イメージ悪くなるんだよ。

     
  4. コラやトレスが有り無しとは別に
    クリエイティブ度の低い作品ってどうよ

     
  5. アホか
    一から自分で作り出す本物の芸術家に比べりゃ無能で低俗に決まってるだろ。笑
    単にそいつは法律上問題がないってだけ

    まともな芸術家なら、何かに影響を受けることはあっても、それは自分の中で消化されたものが自然に表れるのであって、模倣や剽窃といった次元にはならない。

    コラージュ・トレースで評価されるなら、模写やつぎはぎであるのが低俗であることをわかった上で、それを吹き飛ばすほどの印象的・斬新なものを生み出せた場合だけ。同人の二次創作やMAD動画と本質的に変わりないんだよ。

     
  6. コラージュが評価出来るのは最初からコラージュと公表している場合のみ
    後出しでコラージュとか言い出すのはパクりと同義
    わかる?お馬鹿さん?

     
  7. 擁護している人 = 自分も同じ手法を用いているデザイナー = いつ自分の仕事もパクリ認定されるかひやひやしている人達にしか、思えなくなった。残念だけどね。

     
  8. ショーンマクガバーーン氏騒動で思い出しました。彼はいかがお過ごしですか?部下の手落ちであったなら、堂々と復活していただければ、何ら問題はございません。まだ四十代前半、それまではその業種で名を成しておられたのでしょうから、一過性のものであったのなら、今後も素晴らしい才能をご発揮くださいな。貴下が昨年の時点で仰られていた案件の正誤が明らかになるでしょうね。どうなんでしょう。楽しみというか、もう忘れてしまって、どうでもいいですよ、オリンピックに絡まなければ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!