netgeek

1

佐野研二郎にロゴデザインを頼んだ太田市美術館が「うちは大丈夫かなぁ…念の為に調査する」と発表→その結果

腹BLACK 2015年8月19日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

佐野研二郎氏にロゴのデザインを依頼した「おおたBITO太田市美術館・図書館」が自身のロゴについてもどこかからのパクリではないかと不安になり、弁理士などの専門家を使って本格的な調査に乗り出した。しかし、ネット上では早くも元ネタとみられるそっくりなデザインが見つかってしまった。

まずは、こちらが佐野研二郎氏がデザインした「BITO太田市美術館・図書館」のロゴマーク。

sanoken_pakuri_out (1)

丸と棒線を使ってアルファベットを表現したシンプルなロゴだ。同施設は現在、東武太田駅北口に建物を建設中でまだロゴは使用していない。それゆえ、「変えてしまうなら今のうちに…」ということなのだろう。

ただ、太田市美術館のスタッフは「このロゴはBITOの文字を元にしているので何かを模倣したものである可能性は低い」と考えていた。今回の調査はあくまで「念のため」だったのだ。

だが、見つかってしまった。なんと海外のデザイナーが円形と棒線でデザインしたロゴを発表済みだったのだ。しかも色も同じ。

sanoken_pakuri_out (1)

こちらは海外デザイナー「JOSH DIVINE」の「Logo for Dot Textile design firm」という作品。トレースしたものではないので完全にパクリとは言い切れないものの、コンセプトは非常によく似ている。

これまでの佐野研二郎氏の仕事のやり方を振り返ると、とてもじゃないがオリジナルで考えたとは思えない。

sanokenjirou_pan (1)

何かを真似してつくったと考えるほうがもはや自然なのだ。なお、すでに報じられている通り、佐野氏はサントリーのトートバッグについては「部下がつくった。自分は監督しただけ」と自らの責任を回避する発言を行っている。

残念なのはデザインが劣化していること。佐野研二郎氏がつくったロゴのほうは縦に間延びしていてバランスが悪くないだろうか。

sanoken_pakuri_out11

素人目に見ても、すぐに倒れてしまいそうな印象があり、なんだか不安になってくるデザインだ。一方でJOSH DIVINE氏がつくったロゴはうまく全体のバランスがとれており、安心感がある。

また、netgeek編集部は5年前の2010年にこんな指摘がなされているのを見つけた。

sanoken_pakuri

こちらについてはすでに作品が見つからないため残念ながらどのようなパクリだったのかは不明だが、この当時から佐野研二郎氏の問題のある仕事のやり方は変わっていなかったものと思われる。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 佐野の部下、長島りかこと同じ年に毎日デザイン賞受賞したナガオカケンメイは長野五輪でデザインの仕事した原研哉事務所出身。原研哉が裏のドン。Twitterでもだんまり中。洗ってください。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!