netgeek

0

村上春樹が伝授する文章上達法は同じ文章を何度も何度も嫌になるぐらい書き直すこと

腹BLACK 2015年3月29日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

村上春樹のコミュニティサイト「村上さんのところ」にて村上春樹本人がライティングスキルを上達させる練習方法を教えてくれた。

17歳、男性高校生からの質問。進路選択を目の前にして将来小説家になりたいと考え始めました。もちろん才能がある人だけがなれる職業だということは分かっています。でも、もっと長い文章を書いてみたいのです。

この相談に対して村上春樹は真摯にアドバイスを送る。

murakamihatruki2

自己表現をするにあたっての僕のアドバイスは、レイモンド・カーヴァーが大学の創作講座で生徒たちにしたアドバイスとまったく同じものです。「書き直せ」、これがすべてです。いろんなものを書き散らすのではなく、ひとつのことを何度でも何度でも、いやになるくらい書き直す。これが大事です。その作業に耐えられない人は、まず作家にはなれません。

それから指導してくれる人、忠告を与えてくれる人が必要です。何度も書き直し、何度も忠告を受ける(あるいは批判される)、そうやって人は文章の書き方を学んでいきます。

たしかに職業的小説家になるのは簡単ではありません。しかしたとえ小説家にはなれなくても、人が生きていく上で、文章技術を身につけるというのはとても大切なことだと僕は思います。何かと役に立つものですよ。

http://www.welluneednt.com/entry/2015/03/27/113600

これはすごく説得力がある回答だ。とにかく雑多に書くというよりも、アドバイザーの指導を聞き、一つ一つの文章を磨いていくことで完成度を高めていく。こうした地道な訓練に耐えられる人こそがプロになれるのだ。

「嫌になるぐらい書き直す」。

murakamiharuki

高い志と信念をもって訓練を積めばスキルは必ず上達するはずだ。とにかく基礎的なことを愚直にやろう。全てはそこから始まる。

合わせて読みたい→「文章を書くのが苦手です。どうしたらうまくなりますか?」 村上春樹の回答に激震が走った!!

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!