netgeek

0

ナマケモノは怠けものなんかじゃない―意外にも凄い奴である26の証拠

腹BLACK 2014年8月4日
 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

そのゆったりとした動きから不運にもdisネームをつけられてしまったナマケモノ。これがノンビリサンとかオダヤカザルとかならまだ救いようがあったものの、一体誰がこんな率直すぎるネーミングを考えたのだろうか。

だが、ナマケモノが怠けているというのは完全なる誤解だ。実は彼らはとっても優秀な働き者ですごい奴。その証拠を画像とともにみていこう。

1.ナマケモノは観光客が写真を撮ろうとするとサービスショットを連発してくれる。
sloth1 (15)

2.内面は野心に満ち溢れ、ときに挑発的な表情さえ見せることも。
sloth1 (16)

3.ただ普通の動物よりちょっぴり睡眠時間が長いだけ。生まれつきなので怠けているわけではない。
sloth1 (23)

4.起きているときはちゃんと授業も受けて勉強もする。
sloth1 (8)

5.かつては国王を務めていたこともあった。
sloth1 (7)

6.何もできないノロマな動物だと思われがちだが、その爪はとても強力。
sloth1 (6)

7.そんなナマケモノも、子どものときの性格は甘えん坊で寂しがり屋。
sloth1 (14)

8.天使のようにかわいい。
sloth1 (5)

9.成長して大人になると立派に技術を身につけ、自転車のパンクなんかはすぐに直してくれる。
sloth1 (22)

10.「あいよっ!ぬいぐるみの修理も引き受けるよ!」
sloth1 (3)

11.多忙の中、モナリザの代役を務めたことがある。
sloth1 (21)

12.こんなに細い枝でもバランスを保つ能力はすごい。毛で覆われていて分かりにくいが、実は筋肉もムキムキである。
sloth1 (4)

13.地元の住民からはあまりにもリスペクトされすぎて、車道はナマケモノが最優先だ。
sloth1 (12)

14.こんなに小さくても実はスイスイと泳ぐことができる。陸上よりも水中を移動するスピードのほうが早いのだ。
sloth1 (20)

15.小さいうちからミルクをゴクゴク飲んで育つ。
sloth1 (13)

16.無表情で感情がないように思われがちだが、撫でるとけっこう喜ぶ。
sloth1 (11)

17.かわいい…ナマケモノ飼いたくなってきた。
sloth1 (19)

18.まるで格闘ゲームに出てくるキャラクターみたい。爪が伸びすぎて不便だったりしないのか?
sloth1 (2)

19.あまり披露しないが、ダルシムみたいに腕を伸ばすことができる。
sloth1 (10)

20.プレイボーイでもある(右下に注目)。
sloth1 (18)

21.ナマケモノは写真を撮るときにロックなポーズを決めてくれるイカしたやつだ。
sloth1 (1)

22.手足はめちゃくちゃ長くてスーパーモデル級。
sloth1 (9)

23.あまりにも愛されているのでタトゥーにされたりもする。
sloth100 (3)

24.宇宙へも行った。
sloth100 (2)

25.骨格はこんな感じ。こうして見るとやはり手足の長さが突出しており、頭が小さいモデル体型であることが分かる。
sloth100 (4)

26.見よ!この腕の筋肉!カッチカチやぞ
sloth100 (1)

なんだかこれからナマケモノの見方が変わってしまう気がする。ナマケモノは一般的に、機敏に動くことができないため、すぐにワシに捕獲されてしまうというが、絶滅することなく生き残っているので何かまだ隠している秘密でもあるのだろう。いつか是非突き止めてみたいものである。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!