netgeek

3

葬式で「お忙しい中」は「亡」が入っているからマナー違反!?納得できないという声

netgeek 2019年9月22日
 

テレビで紹介された葬式でのマナーに納得できないとネット上がざわついている。マナーとは一体何のためにあるのだろうか…。

バナナマンが司会を務める番組。

異論の声が噴出しているのは「あなたの日本語大丈夫?笑われるニホン語」(テレビ東京)で「知らないと笑われる!?お葬式での正しい言葉」として出題されたもの。喪主から参列者への挨拶で、以下の表現は不正解だと紹介された。

「本日はお忙しい中、父のためにありがとうございます」

そしてお坊さんが披露した正解は「ご多用の中、父のためにありがとうございます」というもの。「忙」という漢字の中に「亡」という漢字が入っているので使うのは不謹慎と説明された。こういったものを「忌み言葉」というらしい。

しかし感謝の気持ちが伝われば良い場面でそこまで深く考える必要はないのではないだろうか?放送直後からネット上では「賛同できない」「そんなマナーは聞いたことがない」という意見が噴出。

国語辞典編纂者であり、三省堂国語辞典で編集委員を務める飯間浩明氏も同意しかねるとコメントした。

「荒井さんが出禁になる」というのは面白い見解。やはり言葉のプロでもこのルールには違和感があるようだ。

マナーとは本来他人を不快にさせないためにあるものなのに、最近ではなぜかマナー自体が人を不快にすることが多い。その理由にはマナー講師が商売のために新たなマナーを広めようとしているからと指摘されることもある。

念のためにnetgeekではアンケートを実施中。同意する人が少なければ気にせず使ってもいいように思える。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (3)

  1. みたみた
    これ、スタジオで解説してた坊さんが言ってた説
    坊さんは、こういう漢字の構成からの説法が好きだからね
    葬式などのマナーにまで及ぼしちゃいかんな
    まあ、これに限らずマナー講師とやらが解くマナーのルールは納得できないのが多いな

     
  2. 使わないようにする、程度でいいよ。
    使ったらマナー違反は行き過ぎ。
    使わないことが気配りなのかもしれないが、使ったら悪みたいな考え方がおかしい。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!