netgeek

2

デーブ・スペクター、24時間テレビをディスりまくって絶賛される

netgeek 2019年8月26日
 

その存在意義について賛否両論が飛び交う日本テレビの24時間テレビについて、デーブ・スペクターが真っ向から異を唱えた。

怒涛の勢いで批判を開始。

デーブ・スペクターはまず24時間テレビが純粋なチャリティではなく、出演者がテレビ局から報酬を受け取っている点を問題視。そもそもの仕組みがおかしいのだと痛烈に批判し、Twitterで拡散された。

さらに皮肉とユーモアを交えつつ、あらゆる角度から24時間テレビのおかしな点を指摘していく。

これはもはやデーブ・スペクターなりの24時間テレビ。もしかしたら以前から策を練ってこのような企画を仕掛けようと考えていたのかもしれない。

そして総括。こちらのツイートもまたすごい勢いで拡散される。

24時間テレビは本当にチャリティがやりたいのなら出演者に支払う高額なギャラをそのまま寄付してはどうか。あるいは海外の本物のチャリティ番組を見習って出演者は全員ノーギャラにすべきだろう。

netgeekではアンケートをとってみた。

24時間テレビの理念や仕組みがおかしいということはすでに有名になっており、多くの人が好きではないと答えている。万人受けする番組などないとはいえ、ターゲットになりうるのが8%というのは危機的な現実ではないだろうか。

しかしそれにしても日本テレビに堂々と喧嘩を売ったデーブ・スペクターの今後は大丈夫なのだろうか?普通のタレントならできないことをやったという意味でかなり勇敢だ。

あわせて読みたい→マラソンのために道路を塞ぐ24時間テレビ。宅配を妨害された話

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (2)

  1. しかも障害者にはノーギャラw
    チャリティーマラソンってランナーは一千万貰ってるみたいたけど、今年は4人?走ったけど割り勘?それともそれぞれに一千万?w

     
  2. 正論ですね。
    この偽善番組から国民を守る党を結成には笑いました

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!