netgeek

9

セブンイレブン導入の突っ込み防止対策、空回りローラー「わとまる」に効果あり(動画)

netgeek 2019年6月11日
 

ブレーキとアクセルを踏み間違えて車が店舗に突っ込む事故は予防策がとれないものか。画期的な商品が見つかった。

セブンイレブンの苦悩。

コンビニ業界をリードするセブンイレブンではこれまで、あの手この手で突っ込み防止策が図られてきた。まずは頑丈そうなポール。車がぶつかって止まるという目論見だが…。

甘かった。勢いよく突っ込む車のパワーは強く、ポールを押し曲げて突っ込んでしまう。

こちらは突っ込み対策なのかは分からないが、砂利を敷いている店舗。店舗と駐車場の距離をある程度とる作戦なのかもしれないが、根本的な解決にはなっておらず、効果には疑問が残る。

そんな中で期待が集まっているのがこのタイヤを空回りさせるローラーだ。

一見すると小さな装置であり眉唾もの。しかしながら動画で見ると確かな効果があることが分かる。

タイヤ部分がローラーを踏んで空回りし、突っ込まなくなっている。この装置は奥野機材が開発した「わとまる」。特許を取得したアイデア商品であり、これからの普及が期待されている。

値段はスタンダードタイプで1セット5万円。

もちろんタイヤがずれていると機能しないが、ポールよりも圧倒的に安全で賢い仕組みであるように思える。わとまるはこれからどんどん普及していくだろう。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (9)

  1. 被害を受ける側がこんなにプリウス対策してるのにスポンサー擁護で「プリウスのせいじゃない」とか言う自称ジャーナリストが多いのがイヤ

     
  2. 2枚目の写真で「ポールでは甘い」と言っておいてこんな無駄なものを良く紹介できるなと。

    多少スピード出てるだけでもう無理。
    そうでなくても駆動輪が反対側だったら無理。
    全然意味ないよね

     
  3. 四駆だったり、助走つけたり、車が突っ込んでくるであろう様々なパターンを検証した上で商品化しないと。
    駆動輪が接していて、かつ駐車状態から店に向かって急発進しようとした場合しか使えないでしょ。

    これなら、店と駐車場との間にお堀でも作ったほうが良いと思う

     
  4. バックで乗り上げたら、同じ物が前輪側にせり上がって来るようにすれば良さそう。
    せり上がってロックする機構と、通常時ゴミが入らないようにする工夫が必要だけど。

     
  5. 四駆や暴走した車が突っ込んでくる件数よりも駐車状態から店に向かって急発進する事故の件数が多いなら無駄じゃないんじゃないの?

     
  6. 助走がついたらとか書いてる人いるけど、
    そんなのなくても「ちょっと斜めに駐車」するだけで無意味じゃね?

    片方の装置に乗ってタイヤが空転してる時に、もう片方のタイヤが地面を掴んでたら、
    そっちのタイヤの力で、空転してたタイヤはこの装置を乗り越えて、次の地面を掴むでしょ。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!