netgeek

1

ミッションは座布団投げからの防衛!SPが一斉に立ち上がった瞬間に場内が沸く

netgeek 2019年5月29日
 

ドナルド・トランプ大統領と安倍総理が訪れた両国国技館で、SP(Security Police)たちが密かに活躍していた。この記事では縁の下の力持ちであるSPに光を当てたい。

場内が湧いた瞬間。

出典:https://twitter.com/maturiiiiin/status/1132567932557451264

出典:https://twitter.com/PineMay/status/1132557827061321728

この日、安倍総理、トランプ大統領の背後にスタイバイしていたSPたちは後方からの襲撃に備え、目を光らせていた。特に注目が集まったのは座布団投げが行われるであろう瞬間。SPたちが一斉に立ち上がって防衛モードに入ったのだ。

この日は特別で「物を投げる行為は禁止されている」という紙が来場者に配られた。

当日はそれでも一人だけ座布団を投げた人がいたようだ。その後、その人物がどうなったかは誰も知らない。

実はSPは至るところで仕事をしていた。

邪魔にならないようかがみつつも後ろを監視する。ドラマや映画の世界のようだ。

立っている女性が美人だと話題になった。こちらの女性はSPではなく通訳だろうか?

実はSPの中には以前、有名になった人物もいた。

この顔に見覚えがないだろうか…。

以前、安倍総理が吉本新喜劇に出演した際にステージ上で仕事をしていたSPなのだ。

出典:https://twitter.com/fujijihiroro/status/1132618965459525632

演出ではなく、まさに本物のSPだった。

体を張って重役を守るSPたち。その顔つきはやはり強い使命感に溢れている。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (1)

  1. 思わぬ取組結果になったとしても
    座布団投げは根絶して欲しい

    本物の座布団に見せかけて
    凶器となる物をどさくさ紛れで投げる人が居ないのがまだまだ救いですが
    恥ずかしい行いですよ

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!