netgeek

1

カナダのトルドー首相が日本を中国と呼ぶ珍ハプニング。カナダ人から謝罪が殺到

netgeek 2019年5月2日
 

カナダのジャスティン・トルドー首相(47)が2回連続で日本を中国と言い間違えるハプニングが起きた。

2回目はミスに気づいていない。

トルドー首相は4月28日に安倍総理と会談した際にうっかり「中国」と言い間違えてしまう。すぐにミスに気づいて日本と言い直したのでセーフ。しかし、その後の記者会見でもまた言い間違えてしまった。しかも今度はミスに気づかず、そのまま安倍総理と握手してしまう。

映像は海外メディアもこぞって取り上げ、多くのメディアが記事にした。ネット上では「皮肉の意味でわざと間違えた」「日本を馬鹿にしている」という穿った見方も飛び交ったが、そのような真意はなさそう。

カナダ人によると「トルドー首相はうっかりミスをすることがあるので悪意はない」とのこと。具体的には次のハプニングが事例として挙げられた。

・カナダ・アルバータ州の存在を忘れていた

・カナダが建国されてからの年数を100年と言った(正しくは150年)

ネット上ではカナダ人から「日本よ、本当にすまない」「日本人からどう思われるのか…恥ずかしいよ」「日本の皆さんごめんなさい」などと配慮あるコメントが多数見られた。

あくまでケアレスミスの珍ハプニング。人間誰しも間違えることはあるものだ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (1)

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!