netgeek

0

森で鳴いていた子猫、サイクリストの体をよじ登って離れない

netgeek 2019年4月30日
 

セリーヌと夫のダニエルはフランスのセントラルブリトニーをサイクリング中、道の端から大きな鳴き声が聞こえてくることに気がついた。話の全てはここから始まる。

偶然の出会い。

「近くに家がなく、とても静かな森の中を走っていました。するとワラビの茂みの中から大きな鳴き声が聞こえてきたのです」

セリーヌは当時のことを語る。

「はじめは鳥だと思いました。自転車を停めてどこから声がしているのか調べていると、可愛らしい小さな猫を見つけたのです」

猫は動揺して人間の近くにいたくないようだった。セリーヌはそっと近づいて優しく話しかけることで信頼を得ようとする。子猫は危害を加えられないと理解したようで真っ直ぐ歩み寄り、寄り添った。

「私から離れたくないようでした。体を登ってきて鳴くのです」

子猫を家に連れ帰ることに決める。

帰りの道は安全ではなかった。子猫を服の中に入れるも、じたばた動くし、家までは遠い。

なんとか帰宅した後、猫が家に馴染んでくれるよう望んだ。箱の入り口を壁側にして子猫の隠れ場所を作ってあげる。猫にはミニキティという名前をつけた。

それから数日間、ミニキティは食欲旺盛でセリーヌとダニエルの側にずっといた。安全で快適だと理解しているようだった。

「ミニキティは遊ぶのが大好きで、友好的で愛くるしい猫です」

毎朝、2人が起きると走って来て頭突きし、喉をゴロゴロ鳴らす。

まるで喉にゴロゴロと鳴るモーターが入っているようだ。

子供とも仲良し。

実は家には他にも犬と猫がいるが、ミニキティが一番年下。昼寝のときは犬の体をベッドにするのが日課だ。

ミニキティは家の雰囲気を明るくし、愛を感染させた。

1年が経つともはやミニキティはミニではなくなった。

しかし今でも寄り添って眠る習慣は変わらない。あのとき大きな声で鳴いたのはきっと助けを求めていたのだろう。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!