netgeek

2

【速報】新元号は令和。発表で起きた11のハプニング

netgeek 2019年4月1日
 

ついに新元号が令和(れいわ)だと発表された。なかなかかっこいい字面と響きだと評判が良く、安倍晋三の「安」の字も入っていないので騒いでいる人はいない。…と思いきやそうでもなかった。

発表で起きた11のハプニングをまとめてみた。

1.TBSだけフォントがパチンコみたいで張り切りすぎている。

出典:https://twitter.com/yuruhuwa_kdenpa/status/1112546659311878144

2.3年前にTwitterで予言していた人がいた。

3.(株)レイの株価が10.13%も急上昇。AI(人工知能)で取引しているファンドのせいだろう。

4.肝心の瞬間を見逃した人。

5.そう言えば二通りの書き方があるけど、どちらでも正解。

6.令和という言葉は万葉集からとった。

7.新元号発表を無視するテレビ東京の安定感が凄いと話題に。

8.誤って平成と書きかけても3画目までならまだ間に合う。誤魔化しきれる。

9.カズレーザーの本名は金子和令。本人いわく「びっくりした」とのこと。

10.「和の文字にはアベが入っている!けしからん!」

11.最後に菅官房長官の歴史に残る発表姿を色々な角度から。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (2)

  1. 早速アカヒの鮫某とかいうのが、いつものごとくキチなTwitterをだしているらしいが。

     
  2. 令和の令は「律令」の令。律令とは古代中国や古代日本での律と並ぶ国家の決まり事のこと。
    現代の日本で言えば「憲法」だろう。
    また令には「いいつけ」「いいつける」という意味がある。
    当然「新たに」言いつけるという意味も含まれるだろう。
    つまり令和とは本当は「新憲法の下に全ての国民が和する」という意味なのではないのだろうか。
    こりゃ左翼は大騒ぎするわな(笑)。

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!