netgeek

6

麻生太郎「関税、送金停止、ビザ停止…。韓国への報復措置は色々ある」

netgeek 2019年3月13日
 

徴用工訴訟の今後の対応について、韓国側の出方によっては報復措置をとる可能性があると麻生太郎氏が示唆した。すでに複数の政府関係者が具体的な方法について検討を始めている。

100前後の報復措置を候補に。

日本政府は、徴用工訴訟の原告が差し押さえた日本企業の資産を売却した場合に対抗措置をとる方針を固めた。現在、有力なのは韓国製品の関税の引き上げだが、麻生太郎氏は他にもたくさんの方法があると説明する。

麻生太郎「関税に限らず、送金の停止、ビザの発給停止とか色々な報復措置があろうかと思う」

日本政府はすでに100前後の対策をリストにしており、日本経済への影響を考えながら検討を続けている。同時に韓国政府へ協議を求めているが、応じる兆しはなく、このまま日韓関係のさらなる悪化に繋がるとみられている。

▼強い言葉で日本を非難する文在寅大統領。

徴用工問題だけでなく、レーダー照射問題や天皇謝罪要求などもあり、ネット上では「全部乗せを希望する」という声も聞かれる。

日本の政治家は遺憾の意を表するだけでなく、しっかりと行動に移して韓国に抗議することが大事だ。やられたらやり返すというルールの下で相手がつけあがらないよう牽制してほしい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. ついにここまで来ることができたか……。
    むやみに「断交だ!」とか「制裁だ!」とか言うのは簡単。思考停止すりゃいいだけの話ですから。
    インドとパキスタンが戦闘状態に陥っていてもまだ断交なんてしていないことを見ても、そんな選択肢はまったくないことが理解できると思いますが。

    韓国に対して日本が取り得る選択肢は国際法に従った措置。
    国際法に則った対抗措置であるのならばまったく問題なし。そもそもこれは日本から仕掛けた話ではないですしね。
    WTO協定に違反しないのであればなおのことよし。

    これから日韓関係は国際司法裁判所等の場所に出ることになるでしょう。
    最大の問題はこれを韓国側が望むであろう歴史問題、人権問題というフレームで戦わずに、あくまでも「日韓基本条約で決められたことを韓国が破ってきた」というフレームで戦えるかどうか。純粋な条約の問題として戦えるかどうか。

     
  2. それまで落ち着いていた極東の安全を壊したのは文在寅その人。
    文在寅こそが加害者。

     
  3. こうやって今回もほのめかすだけで、
    実際は何もしないんだろうなと容易に先が読めてしまう。
    今の政権の実質的な弱腰、最終的な媚韓姿勢な所がとても残念。

     
  4. NHKとテレ朝とTBSが発狂するような、スジの通った、揚げ足の取りようがない美しい報復を宜しく頼みます

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!