netgeek

6

「お父さんは自衛官だから憲法違反なの?」 嘘エピソードと疑った野党が逆ギレ

netgeek 2019年2月13日
 

立憲民主党の本多平直議員がデリケートな問題について根拠もなく安倍総理を疑ってかかり、口論になる場面があった。

どちらが正しいか判断してほしい。

簡単な経緯まとめ

本多平直「安倍総理がよくする、自衛官の子供が『お父さんは憲法違反なの?』と聞く話は実話ですか?どこでいつ誰から聞いた?私の実感と違うよ!ねえ本当に実話?」

安倍総理「嘘だと疑うのは無礼ですよ」

本多平直「嘘なんて言ってないですよ!教えてくださいよ。いつの話なんですか〜。委員長!議事録見て!私、嘘って言ってました?」

安倍総理「実話です」

大串博志「ちょっと安倍総理!嘘つき呼ばわりするなんて大変なことですよ!」

やりとりを見れば本多平直議員がはじめから安倍総理を疑ってかかっていることは明白で、その中で「嘘」という言葉を使ったかどうかは重要ではない。疑ってしつこく質問してくる時点で失礼という話なのだ。

特に今回は、命をかけて日本を守る自衛官と子供の会話であるから、それを疑ってかかるのはあまりにも無礼。嘘だと疑って質問するならそれなりの根拠をもってきてほしい。

根本的な話をすれば、安倍総理が目指しているのは憲法改正で自衛官の役割を憲法に折り込み、議論が起こらないようにするということだ。だが立憲民主党としては憲法改正に反対する立場であるから、とにかくあら捜しをしてケチをつけたいということなのだろう。

安倍総理に反論されてから「嘘」という表現を使ったかどうかという論点にすり替え、さらに「例え話か聞いただけ」と逃げ道をつくった本多平直議員は信用することができない。言い訳に終始し、口を尖らせて文句を言う様は、まるでずるい小学生を見ているようであった。

続き→「お父さん、自衛隊って違憲なの?」 織田邦男が実際に子供から言われた言葉だった

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. 「まるでずるい小学生を見ているようであった。」

    「まるで韓国を見ているようであった。」のほうが座りがよろしいかと思います。

     
  2. 子供に憲法違反って刷り込んでる自覚ないんだな www
    こんな議員の方が自衛官より給料高いとか自衛官が可哀想すぎる…

     
  3. そもそも会話の流れがおかしいです

    簡単な経緯まとめという部分についてですが、

    本多平直「(略)ねえ本当に実話?」
    安倍総理「嘘だと疑うのは無礼ですよ」この部分は、「(安倍総理が嘘だと言っていると)疑うのは無礼ですよ」

    つまり、この本多という方が嘘を言っていると主張しているわけではなくて、この本多という人が安倍総理に対して疑っている事が失礼ですよ、という意味の会話ですね

    しかし、後半になると、

    本多平直「(略)私、嘘って言ってました?」
    安倍総理「実話です」
    大串博志「ちょっと安倍総理!嘘つき呼ばわりするなんて大変なことですよ!」

    と、あたかもこの本多という方が安倍総理から嘘つき呼ばわりされたかのような会話の流れになっています

    最初は安倍総理の主張が「嘘だと疑う事は無礼ですよ」(嘘つきよばわりするのは無礼だ)という会話だったのに、後半になると何故かこの本多という方が嘘つき呼ばわりされた被害者側となり、論理のすり替えが行われています

    この本多という方は「嘘つきよばわりするなんて大変な事ですよ」と言っていますが、まず最初に安倍総理を疑った行為こそが「嘘つき呼ばわり」なのであって、この本多という方の理屈は支離滅裂状態としか思えません

    怒りで冷静な判断ができない状態だったのかもしれませんね

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!