netgeek

3

【炎上】韓国議長の「天皇に謝罪させろ」発言、誤報と指摘されたブルームバーグが音声を公開

netgeek 2019年2月13日
 

韓国の政治家で、国会議長を務める文喜相(ムン・ヒサン)氏(73)が日本に対して問題発言を行ったと炎上している。文喜相氏は「ブルームバーグの誤報」という反論を行ったが、すぐに証拠の音声が公開された。

はっきりと発言している。

問題の発言はブルームバーグのインタビュー中に発せられたもの。しっかりと証拠の音声が残っているのに、なぜ苦しい言い訳をしてしまったのか。

以下の動画で日本語翻訳版を見てほしい。

文喜相氏の主張まとめ

・明仁天皇は戦犯の息子だ

・私は天皇陛下が謝罪することを望んでいる

・手を握って「本当に申し訳なかった」と言えば解決する

文喜相氏はブルームバーグの報道について事実無根だと反論したが、誰がどう聞いても発言している。事実関係に誤認があるうえに「天皇に謝罪させろ」という主張を行った点が問題視され、日本では大変な騒ぎになっている。

すでに安倍総理と菅官房長官も騒動に言及しており、韓国側から説明を受けたという。しかし、「あくまでブルームバーグの報じ方がおかしかったのであり、本意ではない」というよく分からない回答にとどまった。間違ったことを言ったと発言を撤回し謝罪してくれればそれでいいのに、苦しい言い訳をするのはレーダー照射問題のときと同じパターンではないか。

ただ今回の一件についてはアメリカのブルームバーグを巻き込んでいる点がレーダー照射問題のときと異なる。今後はおそらく日本のみならずアメリカ国民も韓国を非難する流れになるだろう。

続き→【炎上】韓国の文喜相議長が謝罪を拒否して「天皇は早く謝罪しろ(2回目)」

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. この件についてはむしろリベラル側がより怒りをもって韓国側に詰め寄るべき案件なのですよ。
    彼らの立場からすれば「天皇に政治的行為をさせようとするな!」「戦前に逆戻りさせるつもりか」って話になるはずなのですけどね。
    でも、火器管制レーダー照射事件と同様にまたぞろ沈黙。
    「反政権」以外の理念がまったくないってことがよく理解できます。
    ここで多少なりとも声を挙げれば保守側からも見直されるところだったのですが、もうすでに時間切れ。時流に乗れない連中に政権奪回なんてできるわけがない。

     
  2. よりによって天皇陛下を侮辱したのは事実
    国民の象徴を馬鹿にされて黙っているのは日本人ではない!

     
  3. 『あれだけ反日を謳う中国共産党政権が、絶対に矛先を向けない唯一の存在が、天皇である。(中略)中国はよく歴史問題で日本を批判するが、天皇の戦争責任に言及しているのはほとんど歴史の学術書だけで、メディアの報道では、歴史問題と関連づけて天皇を批判することは全くない。』
    『また、毛沢東、鄧小平から習近平までの中国歴代最高指導者はみな天皇を大事にしている。本来ならば、労働者を結束させて革命を起こした共産党が、世襲の君主制に対し批判的な立場をとるはずだが、天皇に限って、中国共産党の指導者たちはそのそぶりを全く見せなかった。(中略)中国側の外交記録などによれば、中国建国の父、毛沢東が1950年代から70年代にかけて、訪中した多くの日本人と会談したが、別れ際に「天皇陛下によろしくお伝え下さい」とよく口にしていた』

     

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!