netgeek

0

5年前に見つかった新種のオリンギート

腹BLACK 2018年12月2日
 

2013年に新種と認定されたオリンギート(オリンギト)を紹介したい。一部の生息地において樹の上で生活していたため、なかなか確認されなかった哺乳類だ。

可愛らしい見た目が特徴。

オリンギートはアライグマ科オリンゴ属の哺乳類。主に果物を食べるが、昆虫や蜜なども食べる雑食性だ。

標高1,500mから2,750mのアンデス山脈北部で見つかった。

地元の人は何度か見かけていたようだが、この度、DNA試験で新種であることが正式に確認された。

生息地はコロンビアとエクアドルの山地。

夜行性。バナナにがっつく様子が可愛い。

爪は鋭く、顔は丸顔。耳も丸いのが特徴。

個体によっては体の色が明るいものも。尻尾はカンガルーのように太めだ。

オリンギートは人に懐けばとても可愛いだろう。

哺乳類の新種が見つかるのは珍しい。オリンギートはマスコミにもこぞって取り上げられ、ネット上では顔が可愛いと評判が良い。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!