netgeek

7

安田純平、謝罪の言葉なく日本政府を逆恨み

腹BLACK 2018年10月26日
 

3年4ヶ月に渡り拘束されていた安田純平がついに解放された。しかし、発せられた言葉は謝罪ではなく日本政府への恨み節だった。

周囲に迷惑をかけたという謝罪の言葉はなく…。

安田純平は日本政府に保護されて様々な経費を負担してもらっている立場にもかかわらず、NHKのインタビューなどで日本政府に対する文句をぶちまける。以下、飛行機内での発言まとめ。

・解放時に荷物(カメラや仕事道具)を返してもらえなかったことがむかつく

・3年と4ヶ月仕事ができなかったのもむかつく

・解放が日本政府の手柄のように思われるのは心外

・それだけは避けたかったが、トルコ政府から日本政府に引き渡されることになった

・望まない解放のされ方だった

散々迷惑をかけておいて謝るどころか怒っているのはなぜか。実は、安田純平は以前から戦場に行くことを規制する日本政府をことごとく嫌っていたのだ。特に2015年頃は自己中心的でおかしな投稿を連発していた。

逆恨みの投稿はこの他にも多数あり。詳しくは以下の記事にまとめてある。

参考:シリアで拘束中の安田純平さんに世論が冷たい10の理由

また過去に安田純平とともに救出された渡辺修孝は日本政府に対して損害賠償請求を起こしたことがある。日本政府が肩代わりした帰国費用の支払いを拒否したことも国民の反感を買った。

参考:安田純平と共に救出された渡辺修孝、日本政府を逆恨みして500万円の損害賠償請求を起こしていた

危険だから行くなと言っているのに、独善的な思いから渡航して捕まってしまう。もう何度もこんなことを繰り返しているのは学習能力がないとしか言いようがない。

一部では安田純平を英雄扱いする声もあるが、国民の大半はそうは思っていない。ネット上では安田純平の言行を批判する声が拡散されている。

安田純平が真っ先にすべきことは謝罪だったのに、恨み節を炸裂させるあたりもう呆れてしまう。本人は全く反省していないようなのでおそらくまた危険地帯に行って拘束されるだろう。

続き→橋下徹「安田純平は早く謝れ。失敗して税金で保護された奴が英雄なわけねーだろ」

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. このバカのせいで3億円がテロリストに渡ったわけだ。
    まさにテロ支援ジャーナリストwww

    大体、3年間もテロリストに捕らわれていて解放されたなんて、スパイとして思想矯正された危険性とかを考えるだろ。
    一回捕まえて徹底的に調べろよ、このウマルちゃんをよ。

     
  2. 費用払わなくていいから、日本から出て行ってくれよ(笑)
    そして一生シリアで暮らしてくれwww

     
  3. 安田さんを、批判する人って想像力がないなあって思うのと、他人の気持ちがわからない残念なひとだなぁって思う。
    3年間も監禁状態にされた人が周りや人の気持ちをわかって発言できるとはおもわないし。自分が生きる事で精一杯だったと思うし。
    また、自己責任云々言うけど、命をかけて仕事をしていたのは間違いなく、それは尊敬に値する。
    結果敵にテロリストにお金が渡って、さらに被害者が増えるという考えも理解できるけど、彼がもし自分の身内や友人だったらと思うと、彼の生還は非常に嬉しい。
    結果的にマスコミやメディアは彼の生還をネタとして商売につなげるんだし。
    だから失敗したとか云々あるけど、今は彼の生還を喜んであげたい。

     
  4. 自分勝手としか思いません。人に対する感謝をこの人からは感じられません。他人や周りの人の気持ちのわからない残念な人っていうのは安田さんのことではありませんか?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!