netgeek

6

【石破茂・玉城デニー】報道ステーションのダブルスタンダードが酷い

腹BLACK 2018年10月2日
 

自民党総裁選においてダブルスコアで負けた石破茂を不自然に擁護した報道ステーションが、沖縄県知事選では玉城デニーを「圧勝」と表現した。

比較すると紹介の仕方が明らかにおかしい。

(1)自民党総裁選(9月20日放送)

「254 対 553」ということで石破茂はダブルスコアでボロ負けしたのに番組では一貫して誘導的な紹介がなされる。

テロップ「石破氏、善戦」

後藤謙次「(石破茂は)大善戦ですね。大善戦と言っていいと思いますね」

富川悠太「後藤さんは大善戦だと?」

(2)沖縄県知事選(10月1日放送)

「39万 対 31万」ということで、さきま淳は惜しいところまで票を集めた。この結果については…。

富川悠太「玉城デニー氏が8万票もの大差をつけて当選した」

富川悠太「玉城さんが圧勝」

後藤謙次「圧勝」

これは明らかにダブルスタンダードであり、中立公正な報道とは言えない。要するに報道ステーションという番組は意図的に偏向報道を仕掛けているということなのだろう。

この他にも、元々は「少数意見に耳を傾けよ」「多様性を大事にすべき」 と主張していた一部の偏向マスコミが、沖縄県知事選で玉城デニーが当選した途端に「選挙結果は民意だ」と主張し始めたりと、もうめちゃくちゃ。

少なくとも公共の電波を使うテレビは放送法で「政治的に公平でなければいけない」と決められているはずなのでこんなことは許されない。この比較映像は是非とも総務大臣に見てもらって処分を検討してもらいたい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (6)

  1. なるほど
    選挙の為にだけに本土から移住した
    左翼&パヨクな活動家の方々の人口と酷似してますね

    選挙だけでしか勝てないとなると
    政策は停滞するの必至でしょうね

     
  2. 国防に関する問題というのは、国全体で決める事です
    米軍基地問題は沖縄の問題ではなく、日本全体の国防の問題ですね

    なので、沖縄県民だけの意見で決定する事ではありません
    日本国民全体の意見を尊重すべき事になりますね

    米軍基地が沖縄県にあるんだから沖縄の問題だ、という事にはならないわけです
    日本全体の問題だというのは「国防」という言葉を見れば明らかですし、地理的決定権は日本政府にあります

    なので、故翁長氏が米軍基地に反対していても沖縄から米軍基地が無くならなかったわけです

    辺野古移設反対の意見というのは、あくまでも鳩山元首相が「最低でも県外」と発言したからですが、現在は政権交代しています
    現在では鳩山元首相にはその決定権はないので、あのような無責任発言をいつまでも鵜呑みにしていても意味はありません
    そして、その事実を受け入れるべきですね

    何故なら、それが民主主義だからです
    玉城氏が「票によって」多数になった事を喜ぶのは何故でしょうか?
    沖縄県内での民主主義的な勝利だからでしょう?
    であるならば、日本国全体の民主主義的決定に従うべきです

    基地反対というのは「沖縄県内では」確かに多数かもしれませんが、日本国全体で見れば沖縄県というのは少数なんです
    日本の国防の問題は、沖縄県という日本のほんの一部分だけの人達だけで決定する事は民主主義に反しているんです
    これが現実です

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!