netgeek

24

SEALDs牛田「『就職できませんでした』は嘘でした!デマを流した奴はクズ」←自分じゃん(笑)

腹BLACK 2018年9月27日
 

Twitterに「就職できませんでした」と投稿したSEALDs(解散済)の牛田悦正があの発言は嘘だったと発言を撤回し、周囲に当たり散らしている。精神不安定なのだろうか。

経緯まとめ。

牛田悦正は9月16日、現状で就職できていないと吐露した。

この投稿はネット上で拡散され、大変な注目を集めた。netgeekでは記事「元SEALDs牛田悦正「就職できませんでした」 争奪戦になるとは何だったのか…」を執筆したうえで、動画も作成した。

しかしその後、牛田悦正が「あれは釣りだった」と謎の宣言をしたうえで、猛烈な勢いでnetgeekを批判し始める。

かなり連投しており相当ムキになっていることが分かる。以下、netgeekの反論。

・釣りというのは自分はダメージを受けない状態で高みの見物をするから楽しいのであって自分自身をエサにしてどうする

・自分を犠牲にした自虐的な釣りだとしても、ネタバラシの段階で「面白い!」とはならないし周囲が不快になるだけ

・牛田は自分の過ちを認めており、だからこそ「ここまで釣れるとは思わなかった反省」と書いている

・だが問題は釣れた量にあるのではなく、釣りの仕方にある

・責任の所在が牛田にあることは明白なわけで、八つ当たりはやめてほしい

・「現状は調べれば分かるはず」というが、本人が情報を発信したのだから調べるまでもない

・牛田は芸能人ではない一般人なのだから素性はそんなに有名ではない

・netgeekの記事は牛田の「就職できませんでした」という発言を紹介したもので、それ自体は間違っていない

・「もっと品のあることをしてださい」←自分のことだろうか?

・「羞耻心とかないのかな」←自分のことだろうか?

・「クズな仕事」←自分のことだろうか?

リプライを連投する牛田悦正に対してnetgeekは次のように返信してみた。

返事はまだない。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (24)

  1. 世間は嘘つきを信用しない。
    当たり前だ。
    「あれは釣りだった」とか言ってる時点でアホ確定。
    世間は誰も牛田を相手にしなくなる。
    牛田を相手にするのは、公安さまだけ(笑)。

     
  2. 「本人の発信だから調べるまでもない」はおかしい。
    マスコミの端くれなら報道する前にウラを取るべき。

     
  3. 学者目指してるというのも嘘かも知れないが、学生運動やってて就職できないやつが目指すのが、学者や弁護士なんだよね。昔からの定番。

    なんだ、まんまじゃん。

     
  4. ココも問題がないわけじゃないですが

    「就職できませんでした」
     ↓
    「引く手あまたっていってたのにできなかったんだって」
     ↓
    「釣れた!がっちり釣れたw
     うっそぴょーん
     就職活動してないだけだもんね~
     ちゃんと調べないんですか~
     情報かっさらってきて載せればいいってもんじゃないのよ~」
     ってご高説をタラタラ・・・・
     ↓
    「そちら自身が発信した情報を信用しただけ
     それをウソだと、釣りだと言ってこちらを責めるのは筋違いじゃありませんか」

    ※いまココ

    情報を裏付けせずに出すのはおかしいという牛田さんの説教
    まずは週刊誌・新聞の「かもしれない」情報を鵜呑みにしまくる貴方の支持団体だった方にに説教をしてください。

     
  5. > いや、メディアなら裏取れよw
    そんな価値も公益性も無いから必要無いんだけど、そのメディアとして触れちゃってるから、放っておけば良いんだよね。
    コイツはチリほどの価値も無い。

     
  6. 自分も
    そう感じます

    釣りするなら
    自分に被害及ばない事にして
    自分から目を背けさせる事を第一に考えますからねぇ

     
  7. ウラ取れ言ってるやつがいるが、他人が発言した内容なら裏取りも必要だろうが、
    本人が発言してるなら、その発言が正しいかどうかは発言した本人の責任じゃ
    ないの?本人発言って「一次ソース」だよ?これ以上正確な情報はないだろ。
    で、嘘でしたー釣りでしたーって、本人が恥かくだけじゃん。

     
  8. >「本人の発信だから調べるまでもない」はおかしい。
    >マスコミの端くれなら報道する前にウラを取るべき。

    この理屈は、実際にマスコミ界隈には存在するそうですね。

    「事実」というものは誰が書いても誰が言っても変わらない事を言います。
    何月何日のこの地域は一日中晴れていた、とだけ書いたとすると、それはあくまでも自分の観測した自分の経験上での話でしかなかったりします。
    自分の知らないところで一部雨が降ったかもしれません。
    アメダスのような観測機器には観測できなかった事実があるのかもしれません。
    恐らくはこういう部分から、マスコミは「ウラを取れ」と言っているんだろうと推測します。

    つまり、マスコミは「自分達の記事を読む側全員が、自分達の記事の内容を信用せずにウラを取れ」と、自ら発信した情報について「信用ならないものだ」と言っている事になります。

    マスコミは最初から「我々を信用した方が悪いんだ」と言っているわけですね。
    なので、どうせなら嘘や捏造、印象操作もやってもいいだろう、という事になるわけです。

    事実というものは実は判断が難しいもので、誰々が財布を落とした、誰々が物を盗んだ、というような変える事の出来ない確かな事実というものも存在します。
    そういった「事実」というのは、誰が書いても同じになります。
    自分が怪我をした、それを他の人が書いても同じ事実ですね。

    そういう事実というものには著作権はありません、誰が書いても同じですからね。
    しかし、新聞やテレビは著作権があります。

    著作権というのは、「個人または団体による創造物、創作物」に対する権利、という定義があります。
    つまり、テレビや新聞というのは「創造物、創作物」なんです。
    テレビや新聞が作り出した「事実ではないもの」という事になります。
    本当に事実であるならば著作権はありません、著作していませんからね。

    つまり、最初からマスコミというのは「著作物を作っている」という感覚なんですね。

    科学的事実はあくまでも科学的な事実でしかないので、論文には著作権はないそうです。
    事実を書いているんだ、という感覚があるので引用も自由で、論文にパクリ問題を持ち出すのは間違っている事のようですね。

    マスコミは最初から「自分達の著作物は信用ならないものなんだ」という態度ですので、テレビや新聞を疑って見るべきだし、もしその嘘がバレたとしても「何故ウラを取らなかった?もしかして我々の記事を信用したのか?」というような不誠実な対応をするものなんだと認識すべきですね。

    そのマスコミの不誠実な態度が露呈しているのかはわかりませんが、最近ではテレビや新聞を見なくなった人が増えているようですね。
    個人的には良い傾向だと思います。

     
  9. 俺、大学と独立行政法人の研究所で契約職員をやったことがあるけど、技術スタッフは基本的に契約職員、旧帝大や早慶で博士号取得した人達の中にすら任期付のポスドクあるいは契約制の特任助教という不安定な雇用形態の人も少なくなかったぞ。文系のアカデミックポストの枠はもっと狭いと聞いたことがある。websiteや国会でのスピーチを聞く限り、SEALDsが学者になれる頭を持っているとは思えない。“就職出来なかった”は今回はデマでも、数年後には現実になっているんじゃないかねぇ?

     
  10. ろくに取材もしないで記事にしてることがバラされた格好だな
    マジ楽な商売

     
  11. ……いやこれ、ネタとか煽りとか抜きで、虚言症じゃないのか?牛田君。真面目に病院に連れていってやらんとまずくないかこれ

     
  12. 俺理系だから知らんのだけど、文系の研究者ってのは、理系と違って院時代に遊んでてもなれるものなの?

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!