netgeek

8

島牧村「助けて!熊ハンターが0人なの!」 村議会が報奨金3万円を削減した結果…

腹BLACK 2018年9月24日
 

北海道の島牧村で熊が1ヶ月ぶりに出没するも、ハンターが出動しないというハプニングが起きた。村議会と猟友会の間でいざこざがあったようだ。

山から降りてきた熊が漁港を荒らす。

夜9時、車を運転中に道路を横切る熊。島牧村元町では町を歩くのも危険になってしまった。

熊は船に乗り込み、なにやら物色している。

翌日、明るくなってから確認するとエビ漁の餌がごっそりと食べられていた。これまでは猟銃をもったハンターが出動していたのだが、今回は野放し。なぜなのか?

パトカーに乗った警察が来たが、熊に太刀打ちできるのかは怪しい。

島牧村ではこれまでハンター1人の出動につき報償費3万円出していた。

だが、熊が予想よりも多く出たため、支払いが1,156万円にまで膨らみ、ついに村議会が報償費を廃止に。こうして今回、ハンターが1人も出動しなかったというわけだ。

議員はこうした事態は思惑とは違ったと釈明する。

「これから猟友会と話し合いが必要」

これに対し、実際に出動したことがある猟友会のメンバーは「議員さんは実際の現場を見に来たことがあるのかな?」とコメントする。

ときには夜に飛び起きて自分の命を懸けて熊と対峙することもあるわけで「人の命と金額を比べて高いと言われてもどうなんでしょうね」と不満を露わにする。

また、散弾銃には年間で5~10万の維持費がかかり、さらに弾もタダではない。インセンティブがなくなれば猟友会が反発するのは当たり前だろう。

地域住民は「パトカーは来るけど、猟友会は来ないから意味はない。夜の見回りもなくなってしまった」と不安そうに語る。

ネット上では次のような意見が飛び交った。

・いきなり0円にするのではなく段階的に落とすべきだった

・成功報酬(1頭GETで30万円)にすべきだった

・議員の報酬を減らす

・反対した議員が責任をもって駆除する

・北海道の警察が猟銃を装備する

そういえば東京のほうでも報酬0円のボランティアを募集して人手不足に困った事例があった気がする。適切なインセンティブを用意しないと人を動かすことはできない。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (8)

  1. 何でもただではないのだよ。
    対価応酬、
    ただで物事を要求できるのは親に甘える赤ん坊か乞食ぐらいだよ。
    自業自得

     
  2. 狩猟に興味あって調べたけど、費用とか保管の手間とかの関係でやめたわ
    加えて危険なのに無料じゃやらねーわな

     
  3. 普通のボランティアと違い、明らかに人命(自分&周囲)がかかっていますからね。

    熊嵐のような例もあるわけなのでね・・・・・・
    昔ほど銃の不具合や、家の防御力が低いわけではないけれども、熊が本気になれば家なんて簡単に侵入してくるだろうから。

     
  4. 議員が猟銃免許を取って自ら出向けば解決する
    当然通常の議員活動として別途報酬は無いけどね

     
  5. 北海道の羆にしろ本州の最近の熊達は人間を恐れなくなっているらしい。 北海道の羆にしろ月の輪熊にしろ近年人里に出没する事が増えてその理由の分析も色々あるが、やはり狩猟そのものが減った事も一つの要因だと思う。

     
  6. 切実ですね。

    議員の報酬を減らす→妥当

    反対した議員が責任をもって駆除する→屯田兵制度時代なら、大人の男性は銃を使えますね。

    北海道の警察が猟銃を装備する→屯田兵時代なら警察も役に立ちますね。けれど、現在の場合。都会重視なので。都会では必要ない。猟銃とは違う訓練だろうし。

    ヒグマの被害は切実なので、北海道全体で考えるべきでしょうね。今は屯田兵時代ではないので。過疎地の自治体の予算では対応できない結果でしょうから。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!