netgeek

7

【炎上】オリンピック理事の報酬はMAX月200万円。一般人ボランティアから搾取するブラック企業の構図

腹BLACK 2018年8月23日
 

2020東京五輪のボランティア不足が深刻化する中で、組織委員会を務める理事(役員)は高額な報酬を受け取っていることが分かった。

庶民にタダ働きさせて上級国民はボロ儲け。

「定款・規程(東京五輪公式HP)」に掲載されている「報酬に関する規定」を見てみよう。

報酬額表によると最大で月200万円が支給されるのだという。さらに交通費や宿泊費、経費も全て負担してもらえるVIP待遇。

そこには一般人ボランティアが全て自腹で参加するのとは全く違う世界が広がっている。

▼役員一覧。秋元康、蜷川実花、王貞治など。

待遇を良くすることで優秀な人物が結果を出してくれるならいいが、そもそも組織委員会の選定基準すら不透明。佐野研二郎のときに炎上したように仲間内のコネで決まっているというのが実際のところだろう。

ネット上では次のような意見が噴出した。

・組織委員会もボランティアでやるべき

・名誉だけで十分

・寄付額が多い人が選定される仕組みにすべき

・貴族階級だね

・まさにブラック企業の構図

・オリンピック中止しよう

・利権だね

・ややこしい文書の中にこっそり隠しておいたわけか

東京五輪のおかげでお金がじゃぶじゃぶ入ってくる。

特に成果を出さずとも誰に怒られるわけでもないのだから、こんな楽な仕事はない。笑いが止まらないというわけだ。

一般庶民にやりがいをアピールしてタダ働きさせ、自分たちはボロ儲けするといえば、これはまさにブラック企業の構図。日本の悪しき慣習を東京五輪でも垣間見ることができた。

筋を通すならオリンピック理事もボランティアで募集すべきだろう。利権にまみれた腹黒い大人たちがこっそりと甘い汁を吸うのはおかしい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. で?って感じの記事だな。
    社会主義国家じゃあるまいし、資本主義の上位層が甘い汁吸ってるのは、当然じゃん。
    嫌なら別にボランティア行かなければ良いし、強制徴集にでもならない限り、問題じゃないわ。

     
  2. 組織のリーダーが高い報酬を受け取るのは当たり前。オリパラ組織委員会のトップが国際的や国内の有力企業にどれだけの人脈や交渉力を持っていると思っているのか。それだけの報酬が必要な人材を国家的行事のトップに据えているというだけのことだろう。
    ブラック労働の批判をするなら、経験や能力に応じて正当な報酬を受け取ることを批判すべきではない。

     
  3. 組織のリーダーの報酬がそれで適正なら、報酬の出ないボランティアの存在価値はゼロということでいいのでしょうか?

     
  4. これを見て「当然じゃん」とか言う人は、ぜひ率先してボランティアに参加してほしい。
    「私は行かない」なんて言わないよね、オリンピック運営の人たちは「オリンピックを成功させるためにボランティアが参加するのは当然」といった顔でボランティアを募集してるんだから。
    「当然」ボランティアには参加しないと。

    そもそも役員がオリンピックを運営する見返りにお金を貰っているのだし
    ボランティアで募集されてる人達の仕事だってオリンピックを運営するにあたって必要な人材なのだから、同じようにお金を支払うのが当然の事
    当日の運営をボランティアにやらせたいというなら、会場の建設もボランティア、組織委員会もボランティアじゃないと筋が通らない。

     
  5. これは「金銭的に甘い汁を吸っている」という枠でとらえると、税金は当然強制徴収されている金となる。

    ということで、この問題は大問題ということでいいね

     
  6. そもそも競技ってエゴイズム。
    マスコミに踊らされてる。
    私達は、1番取る為に生きてるんじゃない。
    エゴの祭典なんだから、システムもエゴイズムなのは当然でしょ。みんな気づいて。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!