netgeek

7

「銀メダルの素材が足りない」 東京五輪が金属類回収令 ←戦時中かよ

腹BLACK 2018年8月22日
 

2020東京五輪に向けて銀メダルの素材が足りないと本格的に携帯電話やPCなどの回収が呼びかけられ始めた。秋から小中学校に回収ボックスが置かれる予定だ。

普通に買えばいいだけの話。本音はタダで仕入れたいだけなのでは…。

金メダルと銅メダルはすでに素材が揃ったが、銀メダルだけ必要量に達していないのだという。小池百合子都知事は2017年から「メダル協力ボックス」と称して金属類の回収を呼びかけていた。

しかし、国民からは「戦時中の金属類回収令みたいで気持ち悪い」と評判が悪い。企業から何百億もスポンサー料を集めているのだから運営者がきちんとコスト管理をすればなんとかならないものか。

タダ働きのボランティアといい、運営が下手な組織委員会がお金をケチってタダで集めようとしているだけなのではと疑ってしまう。

振り返れば戦時中との類似点が多数見つかる。

・学生にボランティア強制←学徒出陣

・通販自粛を呼びかけ←欲しがりません勝つまでは

・猛暑対策は打ち水←B29に竹やりで向かう精神論

・銀メダルの素材を集める←金属類回収令

小池都知事の目つきがおかしい気がする。

ことごとく運営が下手で呆れてしまう。大日本帝国バンザイ。

あわせて読みたい→1兆3500億円の赤字を見込む東京五輪、小池百合子がとんでもないことを言い始める

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (7)

  1. エンブレムこそ無償でもやりたいと言う人はたくさんいるのに、あれに一体どれだけの金を使ったんだろうね

     
  2. センスもない組織委員会、今度は数万もした製品を無償で渡せってか?
    断る。ただの金儲けしか考えてないゴミ

     
  3. 「3200万円分の銀が足りないの!」五輪委が家賃4300万円のオフィスから呼びかけ

     
  4. 会場の建設費が、当初の8倍近く以上に膨れ上がった問題がありましたが、何故会場の建設費にそれ程膨大なお金を使い、運用費は切り詰めてボランティアを募ったりしているのだろうと素朴に疑問が浮かびます

    建築関係者が潤う事で経済的に良い方向に向かう可能性があるので一概には批判は出来ないかもしれませんが、どうも建設関係者側にお金を流したいというような意図を感じずにはいられません

    本来ならば建設関係者だけでなく、もっと満遍なくお金が行き渡るはずのものが、一極集中されている事はやはり不自然なんだろうと思います

    恐らく利権が絡んでいるんだろうと思いますが、利権が絡んでいたとしても経済が潤うのであればいいとは思います
    ですが、一極集中でのお金の使い方は、本来であればもっと全体的に経済が潤っていたものが狭まっている点を考えると、最善手ではない事が気になりますね

    もちろん人間ですから必ず最善手が実行できるわけではないですが、税金の使い方はもう少し考えるべきだろうとは思います
    都議会の存在も、本当にこの選択が正しかったと判断したのであれば、一体なんのために議会を開き議論をしているのだろうと思ってしまいますね

     
  5. ※5
    建築関係者が潤うって言っても大手企業の代表、役員、本社事務方などのホワイトカラーだけですよ。
    現場で作業する人間には潤うほどの恩恵は受けられないと思います。

    小池都知事は全てにおいて基本丸投げなんだと思う。
    だから何かにつけて後出しで(東京都がやる事なのに)国民に奴隷行為を募る。

     
  6. 戦中の金属供出、銀は買い取りだったので出した人には金が払われたらしいですよ。
    なお今回はタダ。
    学徒動員も動員された学生には給料払われてたそうです。
    今回は無償労働。

    つまり戦中かよと思わせといて戦中よりむしろひどくなってます。2020東京五輪の金回りは。

    てか五輪の経済効果ってのはいろいろと金を使うから生じるわけで、
    ここまでケチケチしてたらさっぱり経済効果は生まれないんですが、組織委といい都知事といい…正直こいつら大バカだとしか思えないんですけど。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!