netgeek

0

【裏口入学】国民民主党・大塚代表が羽田雄一郎を党内事情聴取

腹BLACK 2018年8月5日
 

国民民主党の大塚耕平共同代表が羽田雄一郎議員に対し、聞き取り調査を行った。東京医科大学の裏口入学問題について羽田雄一郎議員がどこまで関与したのかが問題視されている。

これまで「B議員」として名前が明かされなかったが、ここに来て追及が始まった。

マスコミや東京地検特捜部が伏せた情報は以下の通り。

A議員 吉田統彦 衆議院議員(立憲民主党)

B議員 羽田雄一郎 参議院議員(国民民主党)

特に立憲民主党の吉田統彦議員については「皆を引き合わせた張本人であり、裏口入学の真犯人」と指摘されるなど、非常に切羽詰まった状態だ。羽田雄一郎議員の関与の程は不明だが、この際なので知っていることは洗いざらい話してもらわないと困る。

本人としても部下がしょっぴかれ、いつ自分も告発されるのかと内心ビクビクしているところだろう。そんな中で国民民主党の大塚代表は先んじて動いた。党内事情聴取を行ったという情報を公開する裏にはいざというときに党全体に加わるダメージを減らしたいという思惑があるのだろう。

おかしいのはマスコミの報道姿勢だ。

上念司「2人の名前はもう出ているのに、なぜかテレビは全然やらないんです。おかしいですよ」

上念司氏はさらに今回の騒動が前川喜平(文部科学省前事務次官)にまで及ぶ可能性があると指摘している。

また、谷口浩司の妻も暴露ブログにて「政治家案件だと特捜やマスコミは隠すのですか?」と不信感を露わにしている。

最近のテレビで唯一爽快だったのは、ほんこんのナイスアシストで羽田雄一郎が名指しされたこと。

ほんこん「その野党議員っていうのは誰なの?」

高橋洋一「羽田雄一郎さん」

このような指摘を受け、今後は東京地検特捜部が追加で調査を進めるかもしれない。肝心の2人はまさか部下が勝手にやったというわけではあるまいし、何と言い逃れするのか。

東京医科大学については裏口入学の他に女性受験者の点数を一律に引き下げていたことも分かった。助成は欲しいが女性はいらないということか。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!