netgeek

8

【炎上】滝井章教授「一つの機能につき1/10で故障する場合、機能が10個あれば10/10で故障する」

腹BLACK 2018年8月5日
 

数学的に間違った話が教育新聞に掲載されていると一人の男性が証拠写真をアップした。「確かに間違っている」とネット上で拡散されている。

確率をよく理解していないおじさんのコラム。

この記事はウェブ版の教育新聞にも掲載されている。

参考:「(円卓)本質を見逃さないように」(教育新聞)

コラムの本質は「家電製品は機能が増えると利便性が高まる反面、故障するリスクが高まる」という主張にあり、もちろん執筆者が言いたいことは分かる。しかしその中で10/10、つまり100%壊れると説明している箇所は明らかにおかしい。

正しくは、10個の機能のうちどれか一つ以上が壊れる確率は(1-(9/10)^10)≒0.65で65%だ。

※壊れない確率9/10を10乗して1で引いている

例えば1/10で当たるガチャを10回引くとして、確率が100%でないのは自明だろう。

ネット上では「なるほど、サイコロを6回振ればそれぞれの目が1回ずつ出るのか」「一つの紙面につき1/10で嘘・捏造がある場合、紙面が10ページあれば10/10で嘘・捏造がある」などという皮肉も飛び交った。

実はこのコラムを書いたのは都留文科大学教養学部の滝井章(たきいあきら)特任教授。大学教授という偉い立場であり、また小学校の算数教育に深くかかわる人物ということが判明し、炎上がさらに加速する。

簡単に経歴をまとめてみた。

・公立小学校教諭(25年間)

・2009年から國學院大學人間開発学部教授

・学習指導要領、小学校算数解説作成協力委員

・文部科学省教育課程実施状況調査小学校算数問題作成委員および分析委員

・TIMSS(国際数学・理科教育調査)国際調査協力委員

・教科書「たのしい算数」(大日本図書)、「クラスを育てる算数授業」(東洋館出版社)を出版

・NHK教育テレビ「わかる算数4年生、5年生、6年生」「わくわく授業」に出演

・都留文科大学教養学部特任教授

ウェブ上で名前を検索すると算数教育についてのインタビュー記事が多数見つかる。例えば「(提言)数学的見方の活用で充実感を【算数・数学教育特集】」では小学生向きの算数教育では感動と充実感が大事なのだと熱く語っている。

出典:http://pr.kokugakuin.ac.jp/event_extramural/2012/11/30/214328/

また小学校教員を相手にゼミ生を使ってレクチャーしている講演会の様子も見つかった。算数・数学を専門とする教授がこんなレベルとは嘆かわしい。そもそも何の疑いもなく、こんなコラムを載せてしまった教育新聞もおかしいのだが…。

滝井章理論で言えば、10%割引券が10枚あればタダになるのだろうか。これは凄い。数学界に旋風を起こす新理論だ。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (8)

  1. こんな科学的素養のないバカが教授になれるんだから、そりゃ日本の自称理系がそんなのばっかりになるはずだよ

     
  2. 記事中、
    >>滝井章理論で言えば、10%割引券が10枚あればタダになるのだろうか。これは凄い。

    この例え、完全に間違ってますよ。
    割引券は確実に使えるので確立の問題とはまったく違う。
    結果、いつもどおりnetgeekさんの記事執筆者の頭の悪さが目立つ悲しい記事に・・・。

     
  3. バカが無理して例えをしようとすると意味不明になる、というニュースをバカが記事にして斬ろうとすると同じ穴の狢になるみたいですね。

     
  4. 大正デモクラシー 2018年8月5日 at 5:54 PM

    確率と確立を間違える人に指摘されるのも悲しいな。

    でもって記者の例えも間違ってない。
    書いてある事は間違いだが、滝井理論は1/10の確率を確実に各工程にあることを前提に足し算してるんだから。

     
  5. 根っからの文系教授ならともかく、長年算数教育に携わってきた人だから、確率計算がわかっていないなんてことはさすがにないでしょう。
    ブンヤは人の発言をわからないまま適当に書き換えるから、原稿の時点では正しいことが書かれていたのに、掲載された文章はデタラメになっていたとかではないのかな。
    たとえば元原稿では故障率は10%ではなく1%だったとしたら、10個の機能があったときの故障率はだいたい10.5%で、まあこれを10%と言っちゃってもさほど誤差はない。

     
  6. A)10の機能の1つでも動かなくなったら故障と見なすのか、それとも、B)10の機能が全部動かなくなって初めて故障と見なすのかによって、計算が違ってくるということはないであろうか。一般的な感覚だと、テレビの、リモコンが壊れてスイッチが入らなくなっても(本体のスイッチは機能している)、故障だろうから、Aが普通かも。

    故障率は故障回数/時間で計算するけれど、10の機能のどれもが、10年に1回の割合で動かなくなるものだとすると、機能故障率は1/10、機能は10あるのだから、10年間では、それぞれの機能が1回ずつ動かなくなるので、その家電一機の全体では、A)の意味では、10回故障するだろう。だから、1つの家電の故障率は、各機能(部品)の故障率の足し算で、計算できる、というのは間違っていないのでは?

    メーカーなどで故障率の計算をしている人にきいてみたいものだ。

     
  7. (続)榊原哲『図解入門よくわかる最新信頼性手法の基本』のp.64には「機器の故障率はそれを構成している部品や接続などの故障率を足して求めることができます。」と書かれている。これが正しいとすると、記事を著した教授は、あながち、間違ったことを言っているわけではない、ということになる。

    他方で、ツイッターではもともと、ししおー‏ @sisio01という人が指摘して提示した、(1-(9/10)^10)≒0.65という式も、100%から、10個の機能すべてが無故障の状態にある確率を引いているので、正しいように見える。(1/10)^10としてしまうと、すべての機能が同時に故障している確率になってしまうから。

    記事では、「故障する確率」と呼ばれているが、これは故障率と同じものではないかも知れない。故障率と呼ばれるもののなかにも、異なる種類のものがあるということはないのか。

     
  8. >10%割引券が10枚あればタダになるのだろうか。

    いやまあ、実際にアメリカのスーパーでは割引クーポンの複数利用が可能なところがあって、一度にクーポンを何枚も使って無料で買えてしまうこともあるわけで…

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!