netgeek

12

枝野幸男の内閣不信任3時間演説、安倍総理は無視して本を読んでいた

腹BLACK 2018年7月28日
 

立憲民主党の枝野幸男代表が内閣不信任決議案を提出する場面で約3時間にわたる大演説を行った件について、肝心の安倍総理が無視して読書していたことが分かった。

枝野幸男を無視していて面白い。

安倍総理が手にしているのは小型の本。

国会では野次が飛ぶが安倍総理の耳には届かない。

本は衆議院議員のプロフィールが掲載されているものとのこと。

顔写真まで入っている。おそらく一般には市販されていないもの。けっこう面白そう。

出典:https://twitter.com/value_investors/status/1022676946956705792

一方の枝野幸男代表は安倍総理が不適切である理由について長々と語り、最終的に2時間43分も語った。原稿をつくるだけでも相当な時間がかかったと思われる。

そして安倍総理はというとなんと笑っている。「やっと終わったー!長すぎるんだよ(笑)」という雰囲気。

最終的に内閣不信任案は反対多数で否決された。頑張ったほうが負けるというのは日本の無駄な精神論の象徴のようで滑稽。この出来事からnetgeek編集部は「枝野幸男代表はオタクっぽい」という印象を受けた。周囲のニーズがないのに、自分が興味があることに突っ走って大暴走する。

調べてみると枝野幸男はアイドルオタクで有名らしい。カラオケでは欅坂46の「不協和音」をよく歌うとのこと。54歳にして正直気持ち悪い。

ところで今回の大演説は急遽、書籍化が決まったようだ。おそらく出版社が話を持ちかけたのだろう。8月9日発売予定でタイトルは『緊急出版! 枝野幸男、魂の3時間大演説「安倍政権が不信任に足る7つの理由」』。

肝心の張本人に無視され、何の成果も出せなかった無駄な努力のサンプルとして参考にしたい。

あわせて読みたい→枝野幸男「国会に抗議して出席できない状況を『サボリ』とデマを吐くな(意味不明)」

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (12)

  1. >周囲のニーズがないのに、自分が興味があることに突っ走って大暴走する。

    暴力サヨクやオウムの特徴だな(笑)

     
  2. 枝野代表について事実を淡々と批判すれば良いのに,「正直気持ち悪い」とかいう人格攻撃を混ぜるから,説得力が落ちるんだよな。
    人格攻撃は「批判」に至らないよ。

     
  3. どうせ否決される無駄な演説だし当然だよね
    耳にも入るだろうし
    被災者のための義援金差し押さえ禁止法案が廃案になったのを忘れてはいけない
    枝野は被災者の敵

     
  4. 本当に急遽出版が決まったのでしょうか?
    長すぎる原稿には何処かのプロの黒幕が居るのではと勘繰りたくなりますよ

     
  5. 枝野、アイドルオタクの肩を持つわけじゃないが、
    後半の人格批判は野党が与党にやっている批判と同じ。
    netgeek自身の評価を下げに行っているから辞めたほうがいいと思うが。

     
  6. 初版が何冊か知らないけど、重版掛かるなんて今時凄いじゃん。
    へぇ、ハフィントンポストの出版なんだ。

     
  7. こういう安倍首相の不誠実な姿勢が内閣に対する信頼を失墜させているのが分からないのでしょうか。公務の際に読書というのも公人として論外です。モラルが欠如した滑稽な姿をさすがといってもてはやし、枝野のプライベートな(不信任決議と関係のない)部分をイジるnetgeek編集部の低次元な批判には呆れを通りこして笑えてきます。最初はネタで書いているのかと思いました。非常に低レベルな記事ですね。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!