netgeek

2

立憲民主党・蓮舫「裏口入学に関与したやつ他にもいるだろ!」→立憲民主党・吉田統彦が告発されるブーメラン

腹BLACK 2018年7月28日
 

立憲民主党の蓮舫副代表が東京医科大学の裏口入学問題について、部下に対してブーメランを投げた。過去の言葉が立憲民主党の吉田統彦議員に突き刺さる。

他にもいるはずと疑う蓮舫。

ツイートが削除されるかもしれないのでバックアップ用にキャプチャ画像も載せておく。

このツイートは7月26日16時に投稿されたもの。しかしnetgeek編集部は仲介役・谷口浩司の妻がHPを更新したのに気づいて「立憲民主党の吉田統彦議員が黒幕と告発された」という記事を同日の15時に公開していた。

参考:【裏口入学】仲介役の妻が「立憲民主党の吉田統彦議員が黒幕」と告発

驚くべき新事実がソーシャルメディアでどんどんと拡散される中、情報収集を怠った蓮舫は周回遅れでとんでもないブーメランを投げてしまったのだ。立憲民主党・吉田統彦議員が名指しされてから「他にもいるはず」と指摘してどうする。

仲介役・谷口浩司の妻は自身が開設したHP「谷口浩司を信じる妻の疑問」で起きた事実をありのままに記述している。さらに谷口浩司の同僚は東京地検特捜部の取り調べの中で「吉田統彦議員を捜査してほしい。張本人の吉田統彦議員が無罪ならこの事件自体がなかったことになる」と説明したという。

吉田統彦議員は眼科医で、東京医科大学の臼井正彦理事長も眼科医。

2人は日本眼科学会で協力して活動していた。裏口入学の口利きを頼めるのは信頼関係がある人だけだろう。

他にも、今回の裏口入学については不可解な点が多い。

ジャーナリストの須田慎一郎氏は羽田雄一郎議員(国民民主党)の名前が出ないのは不自然と指摘している。

この指摘はもっともで、マスコミの報道よりも谷口浩司の妻が暴露した文章のほうが参考になることは明白。非公開情報も説明されており、関係者が口裏を合わせて裏口入学に至った経緯がよく分かる。

これまで立憲民主党はモリカケ問題で「疑われているほうがやっていない証拠を出せ」と要求していた。その論理で言えば今回は、吉田統彦議員が裏口入学に関与していない証拠を出すべきだ。そうでないと筋が通らない。

これもまたブーメランの一つといえるだろう。

あわせて読みたい→無知な蓮舫「アベは早く旅館、ホテルを借り上げて被災者に提供しろ(怒)」

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!