netgeek

2

菅直人、被災者を無視してブチ切れられていた

腹BLACK 2018年7月24日
 

菅直人が赤坂自民亭をバッシングしている今こそ、福島原発事故が起きたときの当時の菅直人総理大臣の様子を紹介しておきたい。

被災者が大激怒して抗議。

事情がよく分からないが、情報を集約すると大まかには以下の通りだと思われる。

(1)被災者に「菅総理が来るから待つように」と指示が出される

(2)ご飯の支給が中止される

(3)菅総理は被災者は7人のみと思い込んで会話

(4)帰ろうとする

(5)素通りされた夫婦が「ご飯も食べずにずっと待っていたのに!」と抗議する

(6)菅直人「えっと、まだおられる…?」

怒っている夫婦は右側を指さしながら「大熊町民」と言い、「なぜ真っ直ぐ素通りするんですか!」と発言している。もしかするとはじめから時間の都合で被災者のうち7人のみをサンプルとしてピックアップして意見を聞くという試みだったのかもしれないが、菅総理はしどろもどろ。

「まだおられる?」という発言は完全に失礼だ。葛尾村を無視したわけではないと夫婦にきちんと視察の目的も含めて説明すればよかったのに菅総理は「そんなつもりじゃなかった」と終始、弁解するばかりだった。

この後、菅総理は他の被災者にも一人ひとり話を聞いてまわり、予定時間を大幅に超過したという。やっていることが間抜けだ。

さて本題はここから。

そんな間抜けな菅直人が西日本豪雨被害について安倍総理の行動を批判している。

自分は何も出来ないのに他人のことは批判する。そんな口だけの政治家は信用できない。日経平均株価をみれば一目瞭然。安倍総理は国民のためにしっかり結果を出している。

また安倍総理と菅直人といえば裁判で争った関係でもある。安倍晋三メールマガジンで「素人の菅総理が東京電力に『海水を注入するな』と余計な指示を出した」と暴露され、菅直人がこれは事実無根と訴訟を起こしたのだ。

参考:安倍晋三VS菅直人の判決が出た。裁判所「原発の海水注入を中断させて間違った判断をしたのは菅直人、お前だあああ!」

参考:裁判に勝利した安倍総理、菅直人元総理を怒涛の批判ラッシュ

裁判の結果は安倍晋三氏の勝ち。むしろ菅直人の無能さが正式に認定されることになってしまった。

結果を出せない菅直人はどこに行っても怒られてばかり。かつてここまで国民に説教される政治家がいただろうか。

当時、民主党だった菅直人は民進党を経て「立憲民主党」にネームロンダリングを果たし再び政権奪取を狙っている。安倍総理バッシングはその一環なのだろう。

菅直人はすっからかん。分かりやすいキャッチフレーズで覚えておきたい。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. 馬鹿な民主党政権時代の悪夢ですな。こんな奴らに政権を一時的にもにぎられていたとは。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!