netgeek

3

【炎上】国民民主党、枝野幸男(立憲民主党)に電話をガチャ切りされたと暴露

腹BLACK 2018年6月29日
 

国会運営をめぐって国民民主党と立憲民主党の間でいざこざが起きている。立憲民主党としては、自民党に協力する方針の国民民主党がどうしても気に入らないようだ。

立憲民主党の枝野幸男代表と通話中、電話をガチャ切りされた。

国民民主党の大塚耕平代表は水面下であった枝野幸男代表とのいざこざを記者会見で暴露した。表向きは謙虚に「双方がコミュニケーションを円滑にする努力をしなくてはいけない」と語っているが、ガチャ切りしたうえでそれからずっと電話に出ていないのならコミュニケーションを一方的に放棄したのは枝野幸男代表のほうだ。

国民民主党は希望の党から変わる際、明らかに国民の声に耳を傾ける方針に舵を切った。野党が連携して自民党に対抗するという方針は破綻したも同然だろう。

これより前、立憲民主党は蓮舫議員も「国民民主党が目指す国会正常化は間違っている」という趣旨のコメントを行っていた。

参考:蓮舫「裏切りやがった!」 国民民主党が国会正常化で自民党と合意

元は民進党で同じ所属だったのに、仲間割れを始めた野党議員たち。日本国民からは国会放棄が批判されているのだから、正しいのは国民民主党のほうだろう。自分の思い通りにいかないからといってヒステリーを起こして行動してしまう枝野幸男は代表の器ではない。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (3)

  1. 与党に対峙するのであれば、森友加計問題を出す事がそもそも悪手ですね
    恐らく野党議員の方もそこには気が付いているはずです
    これを続けても支持が得られることはないと自覚しているはずです
    そもそも疑わしいとするのであれば、証拠を揃えて検察へ持っていけば良いだけの問題でしかないからです
    それをせずに疑惑を叫んでも、国民が支持する事はないでしょう

    そして恐らく、流石にそのくらいの事は野党議員の方も理解しているはずです
    だけどそうはせず延々とこの問題に執着しているというのは、皮肉ではなく本当に心の底から今の政権与党を維持させようとしているんだと思います
    自分達野党の支持率を努力して下げ、政権与党の支持を上げようと画策しているが故の行動だと思います

    むしろ、それ以外に考えられません
    そう考えなければ、あそこまで自らの問題を棚上げして与党批判する意味がわかりません

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!