netgeek

10

【炎上】朝日新聞「私たち、そんなに嫌われてますか?」

腹BLACK 2018年6月14日
 

一種の炎上マーケティングなのだろう。朝日新聞出版がとんでもないタイトルの書籍を出版した。

ネット上で「はい、大嫌いです!」と炎上中。

あまりにもインパクトのある本で驚いてしまう。著者は橘玲だが、出版社は朝日新聞出版。さらに表紙では「私たち、そんなに嫌われてますか?」という吹き出しが朝日新書から出ている。要するにこれは朝日新聞の公式意見とみてもいいだろう。

▼橘玲(たちばなあきら)は本名非公開、顔出しNGの作家。59歳とされる。

本の内容は、リベラルと保守を比較して「リベラルが弱い日本は間違っている」と指摘するもの。偏った政治思考の持ち主が持論を展開しているだけなので当然のことながらその主張に同意することはできない。おそらく橘玲は朝日新聞が大好きなのだろう。今回、タッグを組んで刺激的な本を出すに至ったとみられる。

だが、根本的なことを言えば「日本人が朝日新聞を嫌っている」というよりは「朝日新聞が日本を嫌っている」というほうがより正確だろう。朝日新聞は現在の状況について自らに非があると考えず、他者(読者)に責任転嫁しており、これではますます嫌われてしまうという印象。

ネット上では続々と朝日新聞バッシングの風刺画がつくられている。

ネット上で悪評が広まりすぎたためか、朝日新聞の発行部数は右肩下がりで減り続けている。直近では6億1,100万円の赤字(半期)を出しており、もはや本業が成り立っていない状態。

参考:朝日新聞「助けて!部数がみるみる減って半期6億の赤字になっちゃったの!」

朝日新聞は「私たち、そんなに嫌われてますか?」と疑問を投げかけるのではなく、まずは嫌われているということを認めたうえで、どう改善に繋げるのかを考えないといけない。

最近で言えば、安倍総理や麻生大臣を縦読みで非難した素粒子の記事は極めて酷かった。まずはあのような記事をなくすことから始めてはどうか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (10)

  1. 朝日新聞は「私たち、そんなに嫌われてますか?」と疑問を投げかけるのではなく、まずは嫌われているということを認めたうえで、どう改善に繋げるのかを考えないといけない。

    そうだとすれば、読んでから批判したら?
    何にも具体的なことのない記事で、タイトルと5chの書き込みだけで批判しているようにしか見えないよ。

     
  2. 全然読む必要ない!
    ユーチューブ等で、朝日のひどい偏向報道を意見してる人がたくさんいる。その人が正しいことを言ってるかどうかを判断すればいい話で、時間使ってわざわざくだらない情報を入れる必要性がない。時代は変わって新聞以外に情報はとれる。なぜ今更、読んでから批判しろなどと、上から目線で言えるのか、理解に苦しむ。

    一般市民は、情報収集能力(生の情報)や情報分析力がないから誰かの情報や意見を聞いて判断する。今までは大手新聞社などの権威によって情報の判断をしてきたが、これだけ偏向報道をしていることがばれれば、全ての意見が疑わしいと、考えるようになって当然。いまだに自分たちの正しさを主張することが信じられない。

    朝日新聞は大企業病にかかっていて、この病を根絶することは出来ないでしょう。すでに内部から改革無理だと思います。内部の人間が今ある組織にしがみついて、上の意見に従っているようでしたら、改革しても意味ないので、最終的には消滅するしかないです。

    情報を扱う企業が、自分たちが世間からどのように視られているかの情報収集ができないのは、まったくもって皮肉としか言いようがない。

     
  3. > リベラルと保守を比較して「リベラルが弱い日本は間違っている」と指摘するもの

    世界的に見たら安倍政権がリベラルだろ?
    日本のリベラル強いだろ?

     
  4. 橘玲氏はご本人の公式ブログで
    「私は本来の自由主義という意味ではリベラルだが、いわゆる日本独自のリベラル(=反日)は大嫌いだ」
    「日本の“リベラル”はうさんくさい」
    という主旨のことを再三書かれていたかと思います。
    橘氏は「正論」等にも執筆しているのでいわゆる反日思想の人では無いと思います。

    なので本文中の
    「おそらく橘玲は朝日新聞が大好きなのだろう」
    の下りについては、今一度確認された方が良いと思います。

     
  5. 朝日批判はどうでもいいが、記事の最後に話題に挙げた書籍の広告があるのはどうかと思います…

     
  6. もう嫌いでは無くなった。
    ただこの新聞社およびグループは滅ぶべし。
    幹部は日本国の名誉を貶め、国益を損ない続けてきた罪で逮捕すべし。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!