netgeek

1

米朝首脳会談の後、トランプ大統領が語った3つのこと

腹BLACK 2018年6月12日
 

歴史が動いた瞬間、金正恩とトランプ大統領の米朝首脳会談は無事、和解のサインで終えることができた。トランプ大統領のその後のコメントを紹介しておきたい。

ポイントは3つ。

(1)トランプ大統領「私の友人でもある日本の安倍総理は何が正しいのか教えてくれた」

(2)トランプ大統領「拉致問題と非核化は安倍総理にとって大事な点なので言及した。文書には盛り込んでいないがこれから協議していく」

(3)トランプ大統領「アメリカから見ても日本から見ても核兵器を受け入れることができない」 ※日本の立場を重視してくれていることが分かる

この会見を見るにやはりトランプ大統領と安倍総理との間の信頼関係は強固であることが分かった。安倍総理は米朝首脳会談の前にトランプ大統領と綿密な打ち合わせを行い、きっちりと希望を伝えていたのだ。

これで「日本は蚊帳の外」と報じたマスコミは大きく間違っていたことが分かった。トランプ大統領の会見の言葉に耳を傾けるとむしろ日本の方針が世界をリードしていることが分かる。

安倍総理はトランプ大統領の働きに感謝の気持ちを表した。

ひとまず金正恩は非核化について前向きな約束をしたということでトランプ大統領は満足したようだ。拉致問題については引き続きどのように対処するのか安倍総理とトランプ大統領が話を進めていくと思われる。

金正恩の約束が本当に信用できるのか、まだ疑わしい部分はあるが、ひとまず北朝鮮問題は大きく前進した。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!