netgeek

0

汚れた子猫を保護したらジェントルマンに育った話

腹BLACK 2018年6月4日
 

デザイン会社のHolmes&Marchantに務めるウィンは1年前に上海に引っ越してきたばかり。会社の同僚の多くはペットを飼っており、会社もオフィスに連れてくることを推奨していた。

参考:_tuxedo.lucifurr_(Instagram)

ある日、ウィンは小さくて薄汚れた子猫を引き取ることにした。

休みの日に歩いているときに路地裏で猫を見つけたのだ。

猫はひどく怒りっぽく、人間を信頼していないようだった。

母親との写真。猫の小ささがよく分かるだろう。

猫にはルシファーという名前をつけた。ルシファーは目の病気にかかっており、寄生虫もいた。

獣医にいって綺麗にしてもらう。数ヶ月ですっかり綺麗になったが、気難しい性格はそのまま。

目がよくなるとルシファーは温厚になっていった。愛情が伝わったかのようだった。

今では毎日一緒に仕事に行き、膝の上でお昼寝している。

好きなことは追いかけっこ。

オフィスではツナ缶がないからちょっぴり不満。白い手袋をしているかのよう。

1年も経つとルシファーはすっかり大人の猫になった。

今では一緒に遊ぶ仲間もできた。

ルシファーはきっと自分がハンサムだということを知っている。

たった1年でこんなに大きくなるなんて驚き!

運良く優しい人に拾われてよかった。めでたしめでたし。

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!