netgeek

5

「国民の敵はどっちだ」「お前だ」 野次に小西洋之がしゃくれた顔で抗議

腹BLACK 2018年6月3日
 

自衛官から「お前は国民の敵だ」と言われたと主張している小西洋之議員。いつの間にか日本人の間で「国民の敵は小西洋之議員」という共通認識が生まれたのが面白いところ。

国会で素晴らしい野次が飛んだ。

「国民の敵はどっちだ!」という声に続いて複数の議員が「お前だ」と異口同音に叫んでいる。これはまさに今の日本の縮図と言えよう。これより前、小西洋之議員は自衛官から暴言を受けたと大騒ぎしていたが、自衛官は「国民の敵とは言っていない」と一部発言を否定していた。

その後、「国民の敵」という言葉は小西洋之議員が過去、頻繁に使っていた表現ということが判明する。

参考:【炎上】自衛官「国民の敵とは言っていない」 むしろ小西洋之議員の口癖だった

すでに暴言を吐いたことを認めている自衛官が嘘をつく理由はないから、この部分は小西洋之議員のでっちあげなのではないか。いずれにせよ、普段から国益を損なうような言行が多い小西洋之議員のことだから、自衛官が怒った理由も納得がいく。

ちなみに野次を飛ばしたのは中野正志代表と後に分かった。

自衛官の心情を汲んだ正義心からの野次だったという。

一方の小西洋之議員は「シビリアン・コントロール(文民統制)」を盾に言い返すが、今回「国民の敵」と発したのは政治家なわけで、反論が成立していないというのが実際のところ。

いつもよりしゃくれ具合が激しいのは怒っているからだろうか。しゃくれが怒りのバロメーターになっている新種の生き物なのかもしれない。

netgeekではアンケートをとってみた。

結果は歴然。かぼちゃの天ぷらを落としてTwitterでぐちぐちと店員に文句を言うような人が、国民から支持されるわけがない。シビリアン・コントロールと声高に叫ぶ前に自身のカボチャ・コントロールを何とかしてはどうか。

あわせて読みたい→民進党・小西ひろゆき議員「俺が落とした天ぷらの料金って俺負担なの?店が負担しろよ」

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. 国民の敵はどっちか。そう問いたい気持ちもわかりますが、ヤジで応戦して何が変わるのでしょうか。国会でこんな事をする連中だと引用されるのがオチではないでしょうか。

     
  2. 自分のヤジは全力 他人からのヤジも全力
    悪い見本として、小学校の道徳の教科書に載れるレベル

     
  3. 国会に限らず議論は、意見の仕方、反対の仕方に沿ってスマートにやってほしい。

    【意見の仕方】
    データ(事実認識)、ワラント(理由付け)、主張(結論)を提示する、
    三角ロジックを用いること。

    【反対の仕方】
    質疑(データまたはワラントの正しさを問うこと)、
    反駁(データまたはワラントの誤りを指摘すること)、
    反論(結論が対になる意見をすること)によって反対すること。

     
  4. 議論も大切だが、政治の本質は利害調整、交渉にあるのだろう。
    関係者にとってより良い案を模索する原則立脚型交渉術とその精神は、
    民主主義を目指す国の一員なら皆が修得するべきだ。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!