netgeek

5

麻生太郎の35万円スーツ、こち亀の解説が超絶ためになる

腹BLACK 2018年4月27日
 

麻生太郎氏のスーツがオーダーメイドで35万円と判明してからネット上で賛否両論が飛び交っている。政治家が35万円のスーツを着るのは果たして適切なのか、そしてスーツにそこまでの価値があるのかどうか…。

前回の記事:麻生太郎のスーツは35万円。裾に鉛が巻きつけられている特別仕様

議論はさておき、ここでこち亀のためになる解説を紹介しておきたい。

出典:https://twitter.com/izayoimomizi/status/988617999585198080

中川圭一はまずは相手の土俵に立ったうえで、ファッションという異分野の事情について分かりやすく事情を説明する。なぜ価格が高いのかきちんと理屈で説明されており、両津勘吉が意見を180度変えて納得するのも無理はない。

麻生太郎氏のスーツが高いかどうかで議論していた人たちにとってこの漫画は大きな気づきを得られるものになっているのではないだろうか。そもそも麻生グループに生まれた麻生太郎氏は億万長者なわけで、身につけているものに庶民が口を挟むべきではないように思える。

35万円のスーツが話題になる一方で、時計が200万前後だということに気づいた人は少なかった。

時計はブレゲでシンプルながら気品溢れるクラシックモデル。

2009年7月 G8ラクイラ・サミットでは、麻生太郎氏がカフスか時計を見せろと求められている場面がカメラに収められた。

何を話しているのかは分からないが、ベルルスコーニ氏とサルコジ氏、メドベージェフ大統領が大喜びしている。

出典:https://twitter.com/NekoNeknm/status/988363093162930176

短足胴長で世界的にはファッション後進国でもある日本が、ここまで人気者になるというのは嬉しい限り。日頃から身だしなみに気を使っている麻生太郎氏ならではの一幕だったのではないだろうか。

ちなみに冒頭の漫画は「こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第152巻)」に収録されている。 やはりこち亀は何かと学びが多い漫画だ。


▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (5)

  1. 所詮、マスゴミは高そうな服着て庶民感覚がずれている。と印象操作をしたいだけ。
    もはや新聞テレビだけが、情報源の時代ではない。むしろ新聞テレビは退化し消えるだろう。嘘ばかりのフェイクニュースばかりだし

     
  2. 麻生さんがお洒落でスーツはとても高額なものというのは、「似合ってるしダンディだね」という意味でずっと前から有名な話ですよね。
    ドン小西さんが、麻生さんはお洒落!と絶賛してたような。

    マスゴミは今さらそのネタをひっぱりだして
    「庶民感覚とズレてる!」
    とやりたいんでしょうかね?個人の収入を何に使っても自由じゃないの?

    実家が裕福なのを叩きたいにしても、そもそも鳩山由紀夫さんだって超ボンボンだし民進の岡田さんだって実家はイオン創業者ですよね。

     
  3. こち亀の漫画を引用するのに「アトリエびーだま」の許可を取ってるのかな?
    ここまで載せると引用の範囲を超えてると思うし、ここは著作関係は厳しくやってるから注意した方が良いと地元民から忠告しておく!

     
  4. 趣味でバイク乗ってる人が着てる革ツナギでさえ普通に2~30万するしオーダーなんかしようものなら何十万ってかかるそれからしたら、人前に出る仕事で尚且つお金持ちの人の着るスーツやねんから35万円は驚く数字やないと思うむしろ安いくらいかと。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!