netgeek

2

【速報】北朝鮮がミサイル発射実験と核実験場を廃棄すると発表

腹BLACK 2018年4月21日
 

北朝鮮が日本時間の午前9時半にミサイルの発射実験を中止し、実験場を廃棄すると発表した。金正恩がついに圧力に負けたともみられるが、日本政府はただの言葉遊びという可能性を頭に残し油断しない。

まずは北朝鮮の発表から紹介したい。

一見、喜ばしいニュースのように思えるが、実は落とし穴がある。

「~がない限り」と限定つきの宣言である点に注目。

金正恩が本当に核を放棄するつもりなのか、それとも首脳会談に向けたただの一時的なパフォーマンスなのかは不明。

ドナルド・トランプ大統領は「世界にとってとても良いニュースだ。大きな進展だ」とコメントしている。

だが実験場と製造施設は別なわけで、今回の発表は完全な核放棄宣言ではなく「もし北朝鮮に核の脅威が迫れば再び核でやり返す」という意味合いにも解釈できる。

北朝鮮は過去に複数回に渡って世界を裏切っているのだ。

1994年 米朝枠組み合意→1998年 地下核実験施設発見

2008年 テロ支援国家指定解除→2009年 二回目の核実験実施

トランプ大統領とは対照的に日本政府は懐疑的。

小野寺防衛相は発表の内容に鋭くツッコミを入れる。

麻生大臣も今まで散々裏切られてきたという話を披露した。

政治経験が浅いトランプ大統領は早合点して喜びすぎているのではないだろうか。北朝鮮からすれば、会談で有利な条件を引き出してからまた新たな核実験場をつくればそれで済む話。理由はいくらでも後からつけられる。

日本にとって北朝鮮の脅威はまだくすぶり続けていると考えたほうがいいだろう。

続き→北朝鮮の核ミサイル中止宣言を信用してはいけない理由

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (2)

  1. アメリカが軍事行動に出れないように中国が釘を差した
    コレで中国のプレゼンスを高め北朝鮮は人道的支援を要求しだす
    ほとぼりが冷めたらまた核実験・核兵器開発を始めるだろう
    なぜなら彼らは物乞いと違法行為しか生きるすべを知らない

    必ずすぐに恫喝外交を始めるだろう
    今までそうしてきたように

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!