netgeek

1

100万回の「ありがとう」を聞かせる製造現場がヤバすぎてたまごボーロ真理教

腹BLACK 2018年4月7日
 

愛知県犬山市の菓子メーカー「竹田本社株式会社」(愛知県犬山市新川1番11)ではたまごボーロをつくる製造ラインに特殊な工夫を施している。

「ありがとうを100万回聞かせるのが美味しさの秘訣なんです!」

工場に足を踏み入れるとスピーカーからずっと「ありがとう」という声が流されていることに気づく。

幼稚園児50人の言葉を録音して流すことでお菓子を美味しくしているのだという。

この取り組みは顧客や取引先に感謝の気持ちを伝えたいという先代の社長のアイデアで始まった。

しかし感謝の声で食べ物が美味しくなるというのは非科学的であり、製造ラインで働く人にとっても苦痛でしかないように思える。

出来上がったたまごボーロは100万回の「ありがとう」を聞いているのだという。そもそもたまごボーロに耳はないが…。

裏面にもオカルトなことが書かれている。

この工場が特集されるやいなやネット上では「たまごボーロ真理教」という指摘が飛び交った。非科学的なことを盲信してしまうと言えばそれはもはや宗教の域。働いている人は洗脳されているのかもしれない。

ありがとうを聞かせたものと聞かせていないものを食べ比べて当てられるか実験してほしい。ついでに100万回罵倒したものも比較に入れるとなお良い。

あわせて読みたい→【大発見】リンゴに罵声を浴びせ続けると早く腐り、褒め続けると腐らない

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る


Comments (1)

  1. 気持ちの問題に、非科学的とかいう指摘はお門違いかと。100万回ありがとうを聞いてるから不味くなる理由もないしね。

     

Leave a Comment




Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!